2017年5月17日水曜日

猫の存在

高齢化と猫

出典:いらすとや

最近は猫ブームのようで、
CMにも猫がよく出てきます。

今、「猫忍」という映画をテレビでやっていて
何となく見てしまっています。

介護に通っている実家にも
14歳くらいの三毛猫がいて
それが最近可愛く感じるように
なってきました。
本当にきれいな顔をしたネコちゃんです。

私はどちらかというと犬派で、
人間に良くなついて従順なのが好きなのですが、
猫も悪くないかなと・・・

まあ、子供の頃からずっとネコちゃんは
飼っていたので馴染んではいるのですが。

高齢者になると
ペットの中でも犬を飼うことは難しくなります。

散歩を必要とする犬は
高齢者にはかなり負担です。

また犬は時に大きな声で吠えるので、
近所迷惑にもなります。

猫は放っておいてもひとりで大丈夫です。
群れない、媚びない・・・

とはいうものの、
私の子どもは猫アレルギー。

近づくと、くしゃみ、鼻水、目が真っ赤になり
我が家では飼うことはできません。

猫アレルギーは耐性ができるらしいですが、
やはり常に接触すれば
喘息の原因にもなりかねないです。

赤ちゃんがいる家庭は気をつけた方が
いいかもしれませんね。

高齢者だけでペットを飼うなら
アレルギーでないかぎり猫が楽でしょう。

ですが、最近は犬も猫も長生きしますから、
自分の残りの寿命や健康をよく考えて
ペットを飼わないとと思います。

高齢犬や猫の介護は大変です。
認知も来るようですし。

両親の介護と老猫の世話・・・

介護状況がいつまで続くかと思うと
結構辛いものがありますが、
ネコちゃんの存在は
こころの癒しになっています。





     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村



2017年5月11日木曜日

自律神経が不安定になる時期

GWが終わり気温差が激しくなる時期

GWが終わり普通の生活が戻ってきましたが、
生活のリズムがうまく取り戻せない人も
多いかと思います。

また、この時期は気温差が大きいため
急に暑くなったと思ったら
また肌寒い日もあり、
1日の気温変動も大きく
体調を崩しやすい時期でもあります。

着る物にも迷います。

高齢者&認知症の父親は
家の中にいるとストーブをつけてしまい
朝起きると寝室がガンガンに暑くなっていて
びっくりしました。

でも、本人はあまり違和感を感じないようです。

高齢者は暑さを感じにくくなるようで
暖かくなってきても
冬の習慣でストーブをつけてしまう・・・

知らず知らずのうちに
熱中症に陥ってしまうのでしょうね。

という私も、実家の介護と家の二重生活で
自律神経がおかしくなってます。

頭痛やめまいが頻繁に起こり
辛い状態が続いています。

多分、自律神経が乱れてしまっているのでしょう。

でも、私の体調が悪くても
両親にはもう理解する能力がありません。

酸素チューブを取ってしまったり、
わがままを言ったり・・・

こちらの体調を気遣うことがもう
できなくなってしまいました。

「介護殺人」や「介護心中」がニュースで流れます。

在宅介護する人が追い詰められて起こったのかも。

介護者の苦労をわかってもらえない
言うことを聞かない
自分のことしか考えられない

私もいつまでこの在宅介護状態が続くのか
不安になってきました。

喘息持ちなので、
主治医から「いつか倒れるよ。」と
忠告されました。

入院やホームにすんなり入ってくれる親ならいいけど
全く拒否なのでどうしようもないです。

子どもが親を看て「あたりまえ」世代ですね。

でも、長男(弟)もその妻も全く協力なし。
私より近くに住んでいるのに一切なしです。

それでも財産は「長男だから」という理由で
全部欲しいらしく
そんなバナナですよ~

長男ならそれらしい行動をしてほしい。

でも今の民法では
介護しようがしまいが法定相続分は
兄弟二人なら2分の1ずつですから。

いろいろと苦労があり
自律神経がまともに戻るのはいつの日か・・・

皆さまもこの時期はくれぐれも
自律神経の不調にご注意ください。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村