2018年7月18日水曜日

オリンピック大丈夫か?!

東京オリンピックの開催時期

2020年7月24日から8月9日まで、
東京オリンピックが開催されます。
(パラリンピックは8月25日~9月6日)

進捗状況がどうなっているか
良く把握できていませんが、
気になるのは「暑さ対策」です。

開催2年前の現在は、
連日の猛暑で熱中症が多発しています。
死亡者まで出ている暑さです。

2年後もこの暑さと同じだとすると、
オリンピックがきちんと成立するのか
心配になってきます。

オリンピックのメインスタジアムも
予算の関係でエアコンを極力減らし、
通気を良くした作りをするとか聞いています。

室内競技はいいとしても、
マラソンなどの陸上競技、
外でしなければならない競技は、
選手だけでなく
観客もダウンしてしまうのではないかと
危惧しています。

なぜ、こんな7、8月という酷暑の時期に
オリンピック開催を決めたのでしょう。

前の東京オリンピックは10月でした。
一番気候の良い時期を選んで開催しています。

どうも、欧米に忖度した結果でもあるようです。
欧米の各種スポーツが盛んになる秋や春だと
世界中の注目が分散してしまいます。
そのため、スポンサーが減り、
お客も減り、
収益が見込めなくなるという
IOCの思惑もあるようです。

米国では、秋から始まる
NFLやNBA、メジャーリーグなどに
多額の放映権料を支払っている事情があり、
その中継が五輪と競合するのを
防ぎたい意図を
IOCが忖度しているとか。

だから、他の競技が休んでいる夏場での
開催が選ばれたのではと言われています。

でも、日本の夏は高温多湿です。
寒冷地の外国人には
耐えられるでしょうか・・・

特に、昨今は異常事態ですので、
このような時期に開催することは
殺人的であり、
お客も減る可能性もあります。

「暑さ指数」が31を超えたら、
運動などの活動を中止をすべき危険指数です。
昨日、東京は31を超えました。
2年後も超えるのではないでしょうか。

高温対策は取られると思いますが、
こんな酷暑では
「焼け石に水」になるのでは?

選手ファーストなんて言っていますが、
全く選手のことを考えない開催時期、
正気の沙汰ではないです。

ロサンゼルス五輪の女子マラソンで、
最後にゴールしたアンデルセン選手。
ふらふらになりながら、
世界中に見守られてゴールしました。
私もリアルで見ていました。
感動的なゴールでしたが、
一つ間違ったら亡くなっていたかも。
本当は、見守るのではなく
ドクターストップが
必要だったのかもしれません。

今からでも、開催時期を
10月に変えられないのでしょうか・・・

いろいろな思惑も絡んでいますが、
選手や観客のことを考えれば
変更してほしいと思います。

裏話
東京に招致が決まる前、
日本の招致委員会が、IOCへの文書に
「日本の夏はスポーツに最適」
と書いて提出したと言われています。
今さら、「日本の夏は危険」とは
言えないのが実情でしょうね。(^^;)




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年7月15日日曜日

MCI

MCIならまだ間に合う

私は、ある企画の市民活動を
20年以上続けていますが、
一緒に歩んできたスタッフが高齢化し、
70~80代になってきました。

私が一番年下といういびつな構成です。

最近、80代の方の行動に、
明らかに軽い記憶障害や
事務処理能力の衰えが
見られるようになりました。

お金が絡むことですので、
何度か、ミスを指摘するのですが、
今まで完璧にこなしてきた自負もあり、
受け容れ難いようです。

「どうして?」
「あなたが間違っているのでは?」

自分が間違ったことを認められない、
または、わからないようなのです。

そして、言われると怒りも生じるようです。

他の70代の方に相談しても、
「まあ、仕方がないな。」
で終わってしまい、
結局、私が処理をしないといけない状態が
このところ続いています。

正直、ストレスが溜まります。

言ってわかることならいいのですが、
相手に軽い認知がきている状態だとすると、
どうにもならないですね。

で、新しい若いスタッフを入れたいと
申し出ましたが、
話し合っても、
「今のメンバーでやりましょう。」
になってしまいます。

新しい人を入れると
空気が変わってやりにくくなる
というような理屈みたいです。

企画は皆でしますが、
ームページ作成や
ネット関係での広告などのスキルは
私だけしかできないので、
他の仕事まで回ってきたら
たまったものではありません。

認知症は
ある日突然起こるのではなく、
静かに忍び寄ってきます。

自分では、気づかないので
周りの人が気づいて
早めに対処しないと
どんどん進んでいきます。

MCIという状態が注目されています。
MCIとは軽度認知障害のことです。
健常と認知症の中間、
認知症の一歩手前の状態です。

最近の研究では、
このMCIの状態で早期に対処をすれば、
現状を維持したり、
悪くなることを遅らせたり、
場合によっては、良くなることも
実証されています。

放置すれば、
かなりの確率で
本物の認知症に突入します。
そうなったら、もう戻ることは
不可能に近いでしょう。

多分、この80代の方も、
MCIの状態だと感じています。

しかし、この方はお子さんがいなくて
高齢のご夫婦だけでお暮しなので、
私がとやかく言っても
ご理解を得ることは難しいでしょう。

今後は、
仕事のミスをこちらでカバーし、
様子を見守るしかないのかも。

今まで、仕事ができ、
いろいろな肩書をお持ちの方ですから、
プライドも高いと思われ、
より対応が困難になっています。

今後は、少しずつ、
こちらに仕事をスライドしていき、
「偉いさまの席に座っていてください。」
とするしかないのかも・・・

実家に帰れば、
要介護3の認知症の父親がいます。

母が亡くなった後、
基本はホームに預けていますが、
認知が進んでおり、
外に出たがり問題を起こすので、
毎週私がホームに行って、
父を外に連れ出し、
実家やカフェや病院に連れて行っています。
常におむつ状態ですから、
外出時のおむつ交換は結構面倒。

片道車で1時間もかかり、
こちらも結構な労力です。

まわりが認知症だらけの景色。
想像してみてください。

2025年には、団塊世代が
後期高齢者に突入します。
5人に1人が75歳以上になります。

少子高齢化がますます進み、
日本の経済に大きな影響を及ぼすことは
必至でしょう。

しかし、いずれは自分も行く道。

でも、そうなる前に、
病気で亡くなった方が、
周りやお国のためになるような
気もしてきました。

ま、とりあえず、
MCIの状態だったら
まだ迷惑も少ないですので、
かかりつけ医に相談するか、
「ものわすれ外来」などで、
早期に医療的な対応を
されるのが一番いいかと思います。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村