2016年5月26日木曜日

男性更年期障害6人に1人!

★男性更年期障害(LOH症候群)増加中!

更年期障害といえば、中高年女性の特権でしたが、
実は、男性にも更年期障害があるんです。

最近、認知度が上がってきましたが、
閉経前後の女性ほど症状が急激でないため
自覚している男性は少ないかもしれません。

隠れ更年期障害も含めると、
中高年男性の6人に1人といわれています。

あなたも隠れ男性更年期障害・・・かも

★男性更年期障害の症状

この障害は、男性ホルモン(テストステロン)の
低下・減少が原因で起こります。
普通は、性欲減退やEDのことを指すよう思われますが、
他にもいろいろな症状が出ます。

・身体症状(筋力低下・発汗・ほてりなど)
・性機能低下症状(性欲減退・男性機能低下・EDなど)
・精神症状(集中力低下・不眠・抑うつなど)

やる気が出ないのを
歳のせいや環境・仕事のせいにしていたら、
「本当は男性ホルモンの減少が原因だった。」
ということもあるわけです。
放置すると、出口のないトンネルに入ってしまう・・・

★男性更年期障害チェック項目

米国・セントルイス大学のモーリー医学博士の
チェック項目です。

    1、性欲の低下があるか 
 2、元気がなくなってきたか 
 3、体力あるいは持続力の低下があるか 
 4、身長が低くなったか 
 5、「日々の愉しみ」が少なくなったと感じているか 
 6、物悲しい気分・怒りっぽいか 
 7、勃起力は弱くなったか 
 8、最近、運動をする能力が低下したと感じているか 
 9、夕食後うたた寝をすることがあるか
10、最近、仕事の能力が低下したと感じているか

以上10項目のうち、

・1または7が「はい」
・2~6、8~10の8項目のうち「はい」が3つ以上

の男性は、男性ホルモンの低下が疑われますので

医療機関を受診した方がいいとのことです。

ご参考までに。

他にも、自己チェックについては
多くのサイトに掲載されていますので
医療系の信頼できるサイトでチェックしてみてください。

男性更年期障害と診断されると、
ホルモン補充療法や薬物療法が中心となります。
しかし、
男性ホルモン補充療法は
前立腺がんや前立腺疾患、心疾患リスクを
高めるという報告があります。

すでに、前立腺疾患や前立腺がんの男性は
ホルモン補充療法をすることができません。

そういう、うちの父ちゃんも、
前立腺肥大+心臓疾患+睡眠時無呼吸症候群
というトリプル患者です。
なので、逆にテストステロンを抑える薬を飲んでます。
ホルモン補充はできません。

そのせいか、おねえちゃんは追っかけませんが、
土日には馬のお尻を追っかけています・・・
これで元気になれるのならまあよしとしましょう(笑)

ホルモン補充や薬物療法の他には、
自律神経のバランスを整えたり、食事療法もあります。
ヤマイモが性ホルモンの前駆物質「DHEA」の
合成に必要な栄養がたっぷりだそうです。
お試しあれ!







にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへにほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村




2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

なるほどね…10項目すべて当てはまるWWW

mama sumire さんのコメント...

はじめまして。
すみれのブログへようこそ!
10項目も当てはまるなんて・・・
是非、医療機関を受診してくださいね。
お大事になさってください(^^)/