2016年6月30日木曜日

裁判官の半裸SM投稿ありか?

  東京高裁の裁判官が半裸で縛られた写真を投稿
  賛否両論:
  ブリーフ半裸写真やSM趣味投稿は恥ずべき事か?
  それとも個人の自由か?
      
岡口氏のTwitterからいただきました

東京高裁の岡口基一裁判官(50)が、
ツイッターに半裸縛り写真や不適切な文章を投稿して
東京高裁長官から口頭で厳重注意を
受けていたことが判明しました。(2016年6月27日)

判官の品位を傷つけたとして。

岡口氏は、自身のツイッターで、

縄で縛られた上半身裸の画像や
「これからも、エロエロツイートとか頑張るね。」
などといった書き込みをしていた模様。
(現在は一部削除され、謝罪文も消されています)

ただし、彼は法のプロであるから、これらの投稿は
法律には抵触していなく、違法ではないとのこと。
今も、彼のツィッターのヘッダーには、
自撮り半裸ブリーフ姿がでっかく載せられています。
(見てみて!結構いい体してる)

TwitterなどSNS上で
賛否両論が繰り広げられています。

「裁判官がとんでもない!」
「恥ずかしい行為だ!」
「違法じゃない限り個人の自由なのでは?」
「誰にも迷惑をかけてるわけではないし・・・」

岡口基一裁判官は東大法学部卒で、
法曹界ではとても有名な裁判官だそうです。
民事訴訟に関する著書は多く、
司法試験受験生のバイブルともいえる専門書は
ベストセラーだとか。

彼の30年来の友人は、このように言っています。
「キイチは学生時代に恵まれない家庭の子どもを集めて
ほぼボランティアで家庭教師をやっていた。
私も教え子のひとりです。
久しぶりに再会した時、キイチが偉くなっていたので
『岡口先生』と呼んだら、
『そんな呼び方をするならもう付き合わない』と
怒られました。そういう人なんです。
既成概念にとらわれるのが嫌いで
人を楽しませるのが大好き。
それを見て自分も楽しむタイプで、
自分はリスクを取っても、他人は絶対に傷つけない。
私利私欲に走ることもない。
そしてものすごい努力家です。」

岡口さんが人望のある人なのか、
ある弁護士から東京高裁長官に
抗議文が送付されました。

「半裸写真やSM趣味投稿は違法でない限り
個人の自由ではないか?厳重注意に抗議する。」
みたいな内容でした。

岡口さんの息子さん?のツィッターも面白く
「しゃぁないオヤジだな~」くらいのノリで
自作のミュージックビデオもアップしています。
昔から白いブリーフ姿で自撮り投稿していたから
今さらなんでもないようで・・・
いい息子さんです。
奥さんはどうなんでしょうね?(^^;)

私だったら、父親や夫があんなことしたら
気持ち悪くて一生話なんかしないと思う。
(家庭でいい人なら別だけど・・・)

ましてや裁判官なら、いくら世間知らずと言われようと
公私ともに品行方正な方を求めますよ。

水泳の選手やお笑い芸人さんや
お相撲さんやプロレスラーさんetcは
仕事着だから半裸全然大丈夫ですけど・・・
下着のブリーフはちょっとね~

ただ、先生やお坊さんが盗撮したとかセクハラしたとか
違法性がある事例とは別です。
一応、岡口裁判官は法に触れていないわけですから。

ちょっと不安なのは・・・
Twitterであんな姿を見せたいという
露出願望が強くあるということは、
現実でも隠れて露出おじさんしていないか心配です。
外をパンツ一丁で歩いたら「公然わいせつ罪」ですから。
もしそんなことしていたらアウトですからね。
お気をつけください!(^^;)



     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2 件のコメント:

自由人 さんのコメント...

この人は仕事も趣味(遊び)もプロですね。
自分もそうありたいですwwww

mama sumire さんのコメント...

自由人さん

あまりマニアックな趣味だとなかなか理解してもらえませんね。
まあ、そのためにブログやツイッターがあるわけですが・・・
裁判官を退官したら、さらにパワーアップしそう(^^;)