2016年7月15日金曜日

ささやかだけど心が和む話

心あたたまるおじいさんのお話


いらすとやさんからいただきました

少し前の話ですが、大型スーパーの婦人服売り場で
夏物の服を探していました。
なかなか気に入ったのがなくてうろついていたら、
近くに高齢の男性がいるんです。

「なに、この人、婦人服売り場なのに・・・徘徊?」

わりと身なりのきちんとしたおじいさんが
婦人服を触っているんです。

「どういう趣味なんだろ?」

遠巻きに見ていたら、そのおじいさんが近づいてきて

「ちょっとご相談にのっていただけますか?」

「えっ?」

「実は、うちの家内の服を選んでいるんです。
体の具合が悪くデーサービスに行っているのですが
そこにおしゃれをしていきたいと言いまして・・・」

「そうなんですかぁ。」

「こういう場所は初めて入るのでどうしたものか
全くわかりません。選んでいただけませんか?」

「はい、いいですよ。」
奥様のために初めての世界に入られたのですね。

ということで、奥様の体形や好きな色やいろいろ
聞き取り服を探し始めました。

このおじいさんは91歳だそうです。
まあ、お元気ですね~

スーパーには体に不自由がある高齢者が
着やすい服はなかなかないので、
私は店員さんにも聞いて頑張って探しました。

30分くらい探して、おじいさんも「これならいい。」
ということで、可愛らしくて品のいい
前開きの着やすいブラウスを2着選びました。

会計していたので私はその場からそっと離れました。

「よかった、よかった。」

それからしばらくして他の買い物をしていたら、
そのおじいさんが現れました。
一生懸命私を探したみたいで・・・

「お礼を言わなくてはと思いまして・・・
こんなにご親切にしていただき本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。」

「いえいえ、どういたしまして・・・」

そう言って、おじいさんは手に持っている袋を
私に渡そうとしました。

「先ほど買ったパンですがもらってください。」

「そんな、お気持ちだけで十分です。」
とお断りしましたが、

「どうぞもらってください。お礼です。」
と強く言われるので、そのお気持ちを汲んで私は

「はい、ありがとうございます。」と言っていただきました。

このパン(サンドイッチ)は、きっとおじいさんの
ランチだったと思います。

お礼を渡せたおじいさんはとても満足そうでした。

多くの高齢者の方は知らない人にでも親切にされると
本当に喜ばれますね。
(騙されやすいともいえますが・・・)

そういう面で、私は初対面の高齢者の方とでも
仲良くお話しができる雰囲気があるみたいです。
今までも何度かありました。
同年代からは私の理屈っぽさや率直さが
疎ましがられることも時々あります。
好き嫌いがはっきりしてしまうようです。

でも、何故かおじいちゃん、おばあちゃんには
受けがいい・・・まあ少しはいいところもないと(笑)

このおじいさんにも喜んでもらえて
こちらこそ元気をいただきました。
奥様もきっと喜ばれることでしょう。

「お元気で。」と声をかけてお見送りました。

いただいたサンドイッチも美味しかったです。

ほんのささいな出来事でしたが、
何だかほっこりとした気分になれました。

私もかわいいおばあちゃんになれるといいです。(^^)




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2 件のコメント:

nori さんのコメント...

なんとなくホッとするお話です。
ありがとうございます。

mama sumire さんのコメント...

noriさん

そうですね、ホッとしますね。
おじいさんの奥様への想いが伝わってくるようでした。
素敵なご夫婦ですね。