2016年11月14日月曜日

スーパームーンと地震の関係:68年ぶりの大接近!

2016年11月14日はウルトラ級のスーパームーンです。


2015年9月28日に撮影したスーパームーン


今夜はスーパームーンなのですが、
どうもお天気が良くなく、
地域によってはあまり見られないようです。

ですので、写真は
昨年のスーパームーンを載せました。
昨年はとてもきれいに見えました。

そもそも、スーパームーンとは、
満月または新月において、
楕円軌道における月が地球へ最接近した時、
地球から見た月の円が最大に見える月のことです。
新月では見えないので、満月ですよね。

近点の満月は、遠点のものよりも
最大14%大きく、30%明るいそうです。
(2011年3月19日、NASAによる観測)

今夜、2016年11月14日夜の満月は、
満月としては、昭和23年1月に
約35万6490キロまで接近して以来、
68年ぶりの近さとなります。

今回は、ウルトラ級のスーパームーンですが、
エクストラ(エクストリーム)・スーパームーン
ではないようです。

エクストラ・スーパームーンは
最接近して近点から前後1時間以内に
満月または新月を迎えます。
今夜のスーパームーンは2時間半ほどで満月を
迎えるのでエクストラではないとのこと。
でも、最接近ですのでウルトラ級です。

ちなみに昨年のスーパームーン(上記写真)は
約35万6880キロまで近づき、
今回との差はわずか360キロほどだということです。



スーパームーンと地震の関係

スーパームーンと地震の関係が
まことしやかに言われています。

スーパームーン前後に地震などが
よく起こっているということで
信じている人もいるようです。

2011年3月11日の東日本大震災ですが、
その8日後にエクストラ・スーパームーン
が見られました。

スーパームーンと地震との関係について、
かつては否定的な研究者の意見が多かったのですが、
最近は、『Newsweek』誌(日本版)が取り上げるなど
現実味のある話として認知されてきているようです。

以下は、2011年3月19日の
エクストラ・スーパームーンの前後に起きた地震です。

  (8日前)3/11 東日本大震災(M9.0)
  (7日前)3/12 長野県北部(M6.7)
 (4日前)3/15 静岡県東部(M6.4)
   (5日後)3/24 ミャンマー(M6.8)

そして、昨夜、
今回のウルトラ級スーパームーンの前日に
ニュージーランド南島で
M7.8の大きな地震が起きています。
フィリピン(M6.3)、アルゼンチン(M6.2)でも。

このようなデータを見せられると
ちょっと不安にはなりますよね。

今後2週間ぐらいの間に
何も起こらないことを祈っています。

話は変わりますが、
潮の満ち引きや満月の関係で
女性の体に変調が起きやすくなると言われています。

満月や新月の夜には出産が多いと聞きます。

そういえば、私も稽留流産をした夜は満月でした。

やっぱり、何か、月の力が
働いているのかもしれませんね。

PS やはり地震が起きましたね。
   11月22日早朝、福島県沖でM7.4の地震が起きました。
   震度は5弱でしたが、東北から千葉まで広範囲で
   津波警報が出ました。実際津波が到達しました。
   福島第2原発の冷却装置がストップした時はヒヤッと
   しましたね。
   スーパームーンと地震の関連はやはりあるのでしょうか・・




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2 件のコメント:

神田ももたろう さんのコメント...

月にまつわる体験談や話は、いろいろ
あるようですし、興味深いですよね。

まだまだ世の中、不思議なことがいっぱいありますね~^^

mama sumire さんのコメント...

神田ももたろうさん

月の引力がいろいろなことを起こすようですね。
人間の体にも影響を及ぼし、自律神経が狂うみたいです。
私は月よりツキが欲しいです~(^^;)