2017年4月12日水曜日

身体が動くうちにしておきたいこと

福祉住環境整理の需要が急増中

「片づけられない」高齢者が増加しています。

超高齢化で、独居や認知症高齢者などは、
居住が困難なほど家がゴミだらけになる状況が
増えているそうです。

テレビでも、「高齢者のゴミ屋敷」が
よく放送されますよね。

また、ホームに入居する場合も、
必要最低限の物しか持っていけないため
処分に困る高齢者も多いです。

さらに、そのまま亡くなると、
遺族はその家の片づけに相当困難を
要するとも言われています。

福祉住環境整理とは、
介護が必要な高齢者や病人、障害者の方など
自力で家の中の掃除や整理ができなくなった人の
自宅に訪問して整理作業を行う事を言います。

最近は、こうした整理のコーディネーターが
必要とされ、増えてきました。

私の場合、
最近、実家に介護に通っていますが、
実家は家中が物だらけです。

長年溜め込んだ服や本や置物など
所狭しと置いてあって・・・

もともと整理が苦手な上、
物を棄てられない母親だったので
必要のない物が埃をかぶって
山積みになっています。

以前、見かねた私が片づけようとしたら、
「それはダメ」といちいちダメ出しを言われ、
結局片づけはできませんでした。

現在、介護や看護で家の中に
たくさんの人が出入りしていますが、
動きにくいし邪魔になるし
何よりも恥ずかしい気持ちになります。

私はこうはなりたくない。

自分の身辺を断捨離しよう。

自分にとって必要な物を残し、
身体が動かなくなった時にも困らない
すっきりした住環境を整えようと思いました。

これから高齢期に向かって
少しずつ身辺を整理し、
身軽な老後にしたいと思っています。

自分にとって何が大切かを
問い続けていく作業ですね。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2 件のコメント:

MICHIKAZE さんのコメント...

なるほど・・・
何が大切かを問う作業かぁ!?

今まであまり考えなかったことを
考える時期に来たということか。。。
捨てる時にはあまり考えず、直感で決めたほうが
いいですよね。捨てるものいっぱいあるからなぁ(笑)

mama sumire さんのコメント...

MICHIKAZEさん

お返事が遅くなりすみません。

歳を取るごとにいろいろ億劫になっていきます。

人間関係も含めて、身辺をシンプルで質の高い物にしていきたいですね。