2017年11月4日土曜日

私の宝物

ピアノはいいね。

私が幼稚園の頃に、
「ヤマハオルガン教室」ができ始めて、
周りの子たちが入るので、
私もつられて入りました。

どんどん上達して、
オルガンでは物足りなくなり、
ヤマハから、ピアノ教室への勧誘と
ピアノを買うように進められました。

当時の
新品のアップライトピアノは
13万円くらいしていた記憶が・・・

その頃は、女の子なら「お琴」が
習い事としてよくされていました。

お琴かピアノかで
祖母や母は迷ったそうですが、
「これからはピアノじゃないかな。」
知り合いのお医者さんに言われたようで、
ピアノを買ってもらうことになりました。

あれから50年。(毎度お馴染みのセリフ)
今でもピアノを弾いています。

一流のピアニストにはなれませんでしたが、
そこそこピアノ教師レベルの
腕にはなれました。

本職とは別に、
バイトではありますが、
ラウンジピアニストとして
クラシック、ポップス、
歌謡曲、ジャズ系まで
いろいろなジャンルを弾いてきました。

映画やドラマを観ると、
そのバックには
ピアノ曲がよく流れています。

最近では、随分前の映画ですが、
「4日間の奇跡」という
ネット配信の映画を看て、

あらためてピアノの力に感動しました。

医療ドラマ「コウノドリ」でも
BABY先生が美しい音楽を奏で
ドラマをより素敵なものにしていますね。

最近は、テクニックのいる曲や
迫力がある曲よりも
美しい旋律やハーモニーの曲に惹かれ
弾くことが多くなりました。

体の中のリズムが
緩やかになったからでしょうか・・・

ショパンやドビュッシー、
チャイコフスキー、バッハ・・・
などいろいろ

練習するというより
自分の癒しのために弾いています。

いつか、弾けなくなる時が
来るかもしれません。

あと何年かわかりませんが、
これからも
美しい音楽を
弾き続けていきたいと思う
今日この頃です。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

4 件のコメント:

神田ももたろう さんのコメント...

私の妹も幼い頃、ピアノを習っていました。
そして、電子ピアノが我が家へやってきました。
でも、結局はどこかで辞めてしまったようです。
始める人は多いけれど、やはり辞めてしまう人も多い。

続けていくことは、素晴らしいことだと思います(^o^)
それに、ラウンジピアニストだなんて、とても素敵
じゃないですか!


>あれから50年。(毎度お馴染みのセリフ)

ふふ。まるで、綾小路きみまろの台詞ですねw
そして、先にも書きましたが、継続されていることは
素晴らしいことだと思います。

mama sumire さんのコメント...

神田ももたろうさん

好きなことを一生続けられるのは幸せだと思います。
ピアノはこれからも楽しんでいきます。

ももたろうさんもスポーツなどいろいろ頑張っていますね。
続けてくださいね。

おむすびコロリン さんのコメント...

50年=半世紀
やっぱり長いですね。
振り返ればそうでもないけど・・。

mama sumire さんのコメント...

おむすびコロリンさん

「人間50年~」
「織田さん、今は100年ですよ~」
ってコマーシャルしていますが、
でも、50年は長いです。(^-^;