2018年1月29日月曜日

ペットとして生まれた運命

飼い猫が亡くなりました。


17歳のネコちゃん
実家のネコちゃんが
17歳5ヶ月で亡くなりました。
人間でいうと
80~90歳くらいの高齢猫です。

屋根裏で産み落とされ、
壁の裏側に落ちてきて泣いているのを
わざわざ壁を壊して
救出して育てたネコです。

そのままにしていたら
死んでいた子猫ですが、
17年以上も生きられたことは
本当に幸運でしょうね。

とてもきれいな顔をした三毛ネコでした。
写真も最近のものですから
おばあちゃんになっても
きれいな顔をしていました。

亡くなる直前まで
普通に食べおしっこもしていました。
前日に少し元気がなさそうでしたが、
翌朝、玄関近くに倒れて
亡くなっていました。

最近はペットの介護も大変だと
よく言われますが、
この子は、何の介護も必要なく、
潔く死んでいきました。

父がことのほか
可愛がっていたネコでした。

丁重に葬ってあげようと思い、
動物霊園もあるお寺さんで
お葬式をしました。
以前、うちのワンコもお願いした
お寺さんです。

750年前に建てられた
由緒あるお寺です。
「草や木に至るまで
すべての生き物はことごとく
仏となる種を頂いている。」
というお釈迦様の教えにそって、
全ての生き物を差別しないという信念で
動物霊園もされているようです。

住職が動物用の祭壇で
お経をあげてくれて、
焼香して、
お寺に焼き場があるので
その場でお骨にしてくれました。
お位牌まであるのですよ。
まるで人間のお葬式のミニ版。
(料金はそんなに高くないです。)

「そこまでするか~」
とのお声も聞こえてきそうですが、
ペットは家族と同じですので、
飼い主が満足すれば
それでいいのではないかと思います。

しかし、こんな幸運で
可愛がられて
丁重に葬られたペットなんて
ほんの一握りです。

野良猫たちは
暑さ寒さに耐え、
外でエサを求めて生きています。

犬たちは野良にもなれず
保護され殺処分されてしまいます。

ペットでも
外につながれている犬は
自由がなく可哀想に思います。

空を飛ぶ鳥たちは自由で
羨ましいですね。
鳥かごに入れられたら可哀想。

でも、ペットとしての存在が
本当に
その動物にとって幸せなのか・・・

それはわかりませんが、
少なくとも
ペットが
人間に癒しを与えてくれる点では
人間にとって価値があると
思っています。

ペットブームですが
飼えなくなったり
飽きられたりして、
棄てられていく犬や猫。

殺処分ゼロをかかげても
なかなかうまくいかないのが
現状のようです。

お星さまになった
全ての動物たちよ。
お空で
自由に飛び回っていてくださいね。



     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2 件のコメント:

神田ももたろう さんのコメント...

17歳は素晴らしく長生きですね。
そして、家族同様というのもお気持ち
わかります(17年とまではいきませんが、
実家で14年猫を飼っていました)

そして、まさにおっしゃる通りだと思います。
これほどまでに厚遇される犬猫はごくごく
わずか。ほとんどは、野良で野垂れ死んで
いくわけですから… きっと幸せな
17年間だったことでしょうね。

>人間に癒しを与えてくれる点では

アニマルセラピーという単語があるくらいですし、
癒やし効果は凄く高いと思います。私の父も
近年犬を飼ったのですが、我が子のように
可愛がり、とても生き生きした日々を送って
いました。

ご冥福をお祈りいたします。

mama sumire さんのコメント...

神田ももたろうさん

ありがとうございます。

そうですね。
ペットは家族だし、アニマルセラピーとして
人間を癒してくれますよね。

ペットとして生まれた犬猫などは、
可愛がられて幸せだと思います。

でも、野良猫はたくましく生きています。
この子たちにも幸あれと思います。