2018年6月26日火曜日

病院での祈り

病院での七夕の願い

「いらすとや」さんからいただきました。

今日は8週間に一度の
呼吸器科の診察でした。
毎日ピークフローを計っているので、
それを記録している「喘息日記」
先生に見せるのが宿題です。

総合病院のロビーには
大きな笹が何本か置かれ、
短冊がたくさん結ばれていました。

短冊があまりにも多すぎて
飾りはありませんでした。

この病院は、
紹介状が基本の大病院なので、
多くの患者さんは
重い病気を抱えて来ています。

ロビーにある三本ほどの笹のそばには
白紙の短冊が置いてあり、
自由に願い事を書いて
結ぶことができました。

すでに、埋めつくすように
短冊が結んであり、圧倒されました。

失礼ではありますが、
患者さんの書いたものを読んでいくと、
病院内だけに、
切実な願い事がほとんどでした。

「病気が治りますように」
「〇〇ちゃんが元気になりますように」など
病気の治癒を願う短冊が
とても多かったです。

子供さん自身が書いたものもありました。
小児科のお子さんたちは
病気と闘っているのですね。

普通は、子供さんなら
「〇〇になれますように」
「頭が良くなりますように」
「サッカーが上手くなりますように」など
夢のあることを皆書きますよね。

この病院の短冊には
悲痛な叫びや願いが込められていました。

こういう七夕飾りもあるのですね。

私も願いを込めて書き、短冊を結びました。

今日は朝から息苦しく、
じっと我慢の日でした。

低気圧が近づくと
喘息の胸苦しさが出現し、
どうも調子が悪くなります。
梅雨が早く明けてくれるといいです。

とはいえ、以前に比べたら
随分良くなってきましたので
これが維持できればと思っています。

「短冊に書かれた患者さんたちの願いが
少しでも叶うといいな。」
と思いながら、
電車に乗って帰途につきました。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

4 件のコメント:

神田ももたろう さんのコメント...

>この病院の短冊には

切実な思いが、込められているのでしょうね。
人によっては、それこそ治らない病気を治癒祈願も
かかれているかもしれない。そんなことを
思うと、ちょっと読むのが勇気いります…

そして、すみれママさんの症状もよくなるよう
私からもお祈りしますね。

mama sumire さんのコメント...

神田ももたろうさん

私のことも気を使っていただきありがとうございます。

病院の短冊を読むのには勇気がいりました。

大人の喘息は、ほぼ一生治らないので、
いかに上手く薬などでコントロールして、
発作を回避していくかがポイントみたいです。
十字架を背負ってしまいましたが、
人の痛みはわかるようになりました。

自由人 さんのコメント...

いい話ですね。
これから願い事をするときは自分のことの前に
大切な人のことをお願いしようと思います。。。

mama sumire さんのコメント...

自由人さん

そうですね。
神社などでお参りする時も、自分の願望をお願いする前に、
大切な人の幸せを祈り、今までの感謝を伝えるのがいいのではと思います。