2018年11月3日土曜日

年金は70歳からがお得?

公的年金受給70歳以降だと月10万円増らしいが・・・

現在の、公的年金支給開始年齢は、
原則65歳からです。
65~70歳の間で選択できます。

しかし、この公的年金が
近い将来破綻するのではという危惧が
ささやかれています。

こうした社会保障の負担を見越して、
2019年10月から、消費税が10%に
増税される見通しです。

厚生労働省は、
公的年金を70歳以降の選択もできるよう
検討中というニュース記事を見ました。

厚生労働省の年金繰り下げ受給の記事によると、
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00000117-mai-soci

70歳まで働き、
年金受け取りを70歳からにすると、
平均手取り月収が34万8千円(ボーナス込み)で
40年間会社勤務し、妻は専業主婦という
モデル世帯の年金額が
最大で月33万1千円となり
65歳からより10万円以上増える試算らしいです。
65歳まで働いた場合も、
受給を70歳以降にすれば、約32万円とか。

「月10万円も増えるなら、70歳からにしよう!」
という高齢者も増えるかもしれません。

しかし、これにはやや国の思惑があると
私は思うのです。

・まず、70歳まで働いてもらって
 税金を納めさせる。

・70歳からの受給だと、すぐに亡くなる
 確率が高くなり、受給期間が短くて済む。

そして・・・
・高額年金受給者には、結構な
 税金、健康保険料、介護保険料を
 課すことができる。

私の父は、資格を持っているので、
82歳まで現役で働いていました。

なので、厚生年金受給が後回しになり、
公的年金と合わせると
普通の人より多い方です。

だから、「あんし~ん」と思ったら
大間違いでした。

年金額は多くても、多い分、
そこから、かなりの税金、
健康保険料、介護保険料が引かれています。

また、今年の8月から施行された
「介護負担3割」に該当してしまい、
要介護3の父の介護自己負担費は
2割から3割に上がってしまい、
負担はかなり大きくなってしまいました。

年金が少なければ
最小の負担で済むところが、
「現役並み」という扱いになり、
両親のダブル介護をしていた時、
特に医療費が夫婦とも3割負担の時は、
相当な出費を強いられました。

これからも、医療費や介護費など
国の締め付けは
大きくなっていくでしょう。

「年金が70歳以降でも選択できる」
に改正されても、
増額されたことによる
税の支払いが増えるなら、
65歳からもらっておいた方が
お得な気もするのですが・・・

まあ、この選択は、
「元気で長生きできるか」にかかっていますね。(^^;)




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

4 件のコメント:

神田ももたろう さんのコメント...

長寿が自慢の日本ですから、
今後も長生きする人は多いでしょうし、
大きな問題ですよね(^_^;)

とはいえ、今の私はまだ先というのも
ありますが、ややピンとこない部分も
あります。

お金がかかるなら稼いでしまえばいい!
そういう気持ちでとりあえず、株を
頑張ってますw

mama sumire さんのコメント...

神田ももたろうさん

すごっ!
株で稼いで、老後資金にするのですかぁ~~

ももたろうさんはまだ若いからまだピンと来ないと思いますが、
近親者に要介護者が出るとわかってきますよ。
介護は本当に大変で、お金もかかります。
介護難民、介護離職、問題山積みです。

今のところお子さんが就職されるから安心ですが、
65歳で退職して100歳まで生きられた場合、
もし、年金では生活費が月10万円足りなかったら、
10万×12×35年=4,200万円
貯めておかないとねぇ。(あくまでも試算)

長生きも考えものですね。(^^;)

りゅうじ さんのコメント...

年金は平均寿命まで生きたとしたら
いつから受給しても同額になるように計算
されてるはず。
だからそこまで生きる自信がなけはれば、
貰える権利を放棄させるような政策に騙されない
ようにすべきだな。70歳まで受給延期したら
月額60万円くらいになれば、50%くらい希望する
かも(笑) 現状では1%は当然の結果でしょう。 

mama sumire さんのコメント...

りゅうじさん

はじめまして。(^^)/

そうですね、いつまで生きられるかわからないから、
貰える権利は早めに使った方がいいかもと私も思います。
どのみち、後でたくさんもらっても、体が動かなければ
楽しいことに使えなくなりますし。

月額60万円も出したら、国の年金破綻しそう・・・(^^;)