2018年12月28日金曜日

断わる勇気

長年のストレスにけじめ

年末ということもあり、
今まで惰性で行ってきたことに
けじめをつけることにしました。

知人(高齢女性)に頼まれて作成してきた
ホームページ作成を辞退しました。
その方の活動に特化したHPで、
私は10年間ほど、2週間に一度の割合で
更新し続けてきました。

もちろん、ボランティアですから
タダでです。

そして、その方から恩恵を受ける
メリットも全くない関係です。

ダブル介護で大変な時も、
病気で状態が悪い時も、
どんな時も10年間更新してきました。

その方の活動は認知されていき、
HPも充実したものになっていきました。

でも・・・
私は、ただ労力を提供しただけで
自分の名前を出すわけでもなく
ただのパシリと同じです。

いつも、HPを更新すると、
メールで
「ありがとうございます。
これで(出来栄えは)結構です。」と、
上から目線の確認メールが来ます。
気に入らないと、修正が入ります。
最近は、もらう原稿にミスが目立つように
なってきていても、ミスを認めないし・・・

「人のためになることだから」
と、本当の厚意でやってきましたが、
やはり、人間ですから、
それ相応の対応というものがないと
なかなか続かないと感じるようになりました。

たとえば、
「海外旅行に行ってきます。」と
必ず私に連絡してから毎年行かれますが、
一度もお土産らしいものを
いただいたことがありません。

しかし、その方にとって
メリットがある人のブログを見ると、
「〇〇さんからお土産いただきました~」
なんて書かれているのです。

つまり、人を選んでいるのですね。

別に、海外のお菓子など
欲しいわけではありません。
「感謝の気持ち」を形としてあらわしてほしい
と思うだけです。
10年もタダで奉仕しているのだから、
あまりにも軽く扱うのはおかしいのでは?
気が付かないのかな。

海外行くなら黙って行って欲しいです。

私が、
頼まれたら断れない性格だと見抜かれて、
「ただの使い勝手の良いパシリ」
という立ち位置だったのでしょう

いくら無料で作成できるHPだとしても、
作成や更新には「時間」や「労力」が
かなりかかります。

私がすぐに更新してしまうので
「簡単にできる」と思われて
しまったようです。
ましてや、作成料金を支払うという
考えはないようですし。

長年のストレスが少しずつたまっていたので、
年末に来て、やっと決心がつきました。

「HP作成を今回をもって辞退いたします。
〇日にHPを閉鎖しますので、
他の人を探してください。」
とメールしました。

私の代わりが見つかればいいですが、
多分、私のように
「自分のサーバー上に他人のHPを作成し、
タダでまじめに速く更新するお人好し」
なんてそう簡単には現れないでしょう。
現れたとしても、10年も続かないって。

急に断られた方は、
多分怒りでいっぱいだと思いますが、
いつか、「私の長年の労力」を
認めざるを得ない日がくることでしょう。

友人や知人に
簡単に物事を頼む人がいますが、
頼まれた方は、
「時間」「技術」「労力」などを
無償で提供するわけですから、
そのことをよく理解して
お互い納得の上、頼むべきでしょう。

今回の、思い切った決断で、
心もすっきりしました。

いくら友人に対してでも、
「断わる勇気」を持つこと
時には必要なことを実感しました。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

6 件のコメント:

神田ももたろう さんのコメント...

>「自分のサーバー上に他人のHPを作成し、

なんと!

どういった経緯で、そういう話になった
のかはわかりませんが、本来、お金を
もらってもいいくらいの話ですね~

時間はかかりましたが、今回きっちり
お断りしたのはいいことだと思います。

mama sumire さんのコメント...

神田ももたろうさん

HP作成を業者に頼むとかなり料金がかかりますよね。
だから、お人好しの私に頼み込んだのだと思います。
私は1995年からHPを作っていたので、一応ちゃんとしたものが作れます。
周りに頼める女性はほとんどいなかったのでしょう。
HPの苦情が私の所に来たこともあります。
原稿が遅れたのはわたしのせいではないのに・・・
「断る勇気」って、自分を守るために必要ですね。

ぽんぽ さんのコメント...

こないだは、続けてみますというのを聞いて、「辞められるといいなぁ」って心の中で思っていました。

ほんと、辞められて良かったですね。そして、10年もの間 本当にご苦労様でした。

すみれさんの断った勇気 その勇気 素晴らしいと思います。

これ以上無い 素晴らしい断捨離じゃないでしょうか。

自分のバカが付く程 お人好しなので なんだか 自分の仲間が救われたような気持ちです。

ほんと、良かったですね\(^o^)/

mama sumire さんのコメント...

ぽんぽさん

はい、今回の断捨離決行には勇気がいりました。
長年続けてきたことですから。
でも、相手にその努力が伝わらないのなら
やめることが正解だったと思います。
「お人好し」って、なかなか行き辛い性格です。
ぽんぽさんにその気持ちがわかってもらえて嬉しいです。

ぽんぽ さんのコメント...

いえいえ、自分も、かなりのお人好し(いまだに)なので、お気持ちよくわかります。

でも、それを意識していたせいか、若い頃よりは、だいぶマシになりました。(まだまだですが・・・)

最近になってできるようになったのは、今までは、年上の人が一方的に話し続けるのを、ずっと(10分や、20

分)黙って聞いていましたが、最近は、相手が話し続けていても、「すいません」とひとこと言って、その場を

離れられるようになりました。自分の欠点は、相手の性格がよくわからない内に気を許してしまうことだと思っ

ています。少しでも改善したいですね。来年は、no more お人好し で行きたいものです(*^^*)

mama sumire さんのコメント...

ぽんぽさん

私も高齢者の方にはよく話しかけられ、話を聞いてあげることあります。
隣に座った知らないおじいさんの話を聞いてあげたら、
「あんた、いい人だね~」と喜ばれたり・・・
あと、犬猫にも好かれる方です。
でも、自分にストレスが溜まるような場合は、
やはりno more の意思表示が必要でしょうね。