2018年10月14日日曜日

ゲームの効用

おばさんでもゲームするよっ!

このところ、カードゲームの
「シャドウバース」っていうのを
スマホで頻繁にしています。

その光景を見た娘が、
「まさかママがシャドウバース・・・」と
すごく珍しいものを見たように、
ゲームをしている様子を
写メ撮っていました。

「何がおかしいのか??」と思い調べてみたら、
このゲームは9割方男性がしているようです。
10~20代男子がほとんどみたいで・・・
50代ギリギリのおばさんなんて、
ほぼ皆無みたいで・・・まじ?
しかも、大きな大会まで開催されていて、
すごい賞金がかけられていますね。

知らずに、ただ「カードゲーム」で検索して、
適当なのをダウンロードして、
ソロゲームで機械と対戦していました。

まだ、始めて2ヶ月くらいですが、
8人のリーダーのストーリーを
現在5人クリアしています。

課金しなくてもできるし、
時間制限がきつくないし、
途中で休憩できるし、
中高年にはぴったりだと思うのですが・・・

長時間だと疲れるので、
2章くらいクリアしたらやめるという
ゆる~いゲーマーです。

もともと、ゲームは好きだったし、
テレビゲーム発売以前、
喫茶店ゲーム(主にインベーダーゲーム)
から細々としていました。

その後、テレビゲーム時代になり、
マリオシリーズにはまり、
次いで、携帯できるゲームボーイ。
子育て中は、時々でしたが
ストレス発散にいろいろなゲームをしていました。

夫とは、野球ゲーム対戦に熱中し、
その敗者が「皿洗い」をするという
壮絶バトルを繰り広げていました。
その側で寝ていた娘が
高熱を発しているとはつゆ知らずwww

最近のゲームは動きが激しいのが多く、
その動きに目や運動神経が
ついていけなくなったので、
カードゲームが中心になってきました。

長い間、トランプゲームばかりしていました。
電車に乗ってスマホでやるにはちょうどよいし、
種類も多いので気に入ってやってましたが、
多くのトランプゲームをやりつくし、
飽きてしまいました。

「高齢者のゲームは脳に良い」という
風潮が世の中に広まると、
専門家が開発した「脳トレゲーム」を
月額500円くらいで始めてみました。

こちらは、動きのあるものが多く、
かなり目が疲れました。
それでも有料なので根性で頑張ったら、
同世代の上位に行きつくことができました!
でも、結局、上位になるほど
ゲームの動きが激しくなるので、
自分の限界を感じ、やめました。

以前、このブログで、
「テトリス」の効用について書きました。

「テトリスが凄いらしい!」

実は、このテトリスに欲望を減退させる効果が
発見されたそうです。
プリマス大学と豪クイーンズランド工科大学の
研究チームによって「テトリス効果」が
明らかにされました。
なんでも、
テトリスをプレイした場合、
ドラッグ(アルコール、ニコチン、カフェイン)
および、性行為やゲームなどの活動への
欲求レベルを平均13.9%減らすことが判明した
のだそうです。
アルコールやニコチン、薬物の禁断症状には
テトリスが有効だと発表しました。
そして、この効果は1週間も持続するようです。
視覚認識への干渉が、特定の物質や活動への
欲望を減少させる可能性を示唆した最初の証明に
なるかもしれません。
と研究者たちは語っています。

以上のような効果があるらしいので、
私には各種依存はないのですが、
テトリスをダウンロードしてやってみました。
最近のテトリスは面白かったのですが、
結局、課金をしないと進めなくなり、
やめてしまいました。

というように、私のゲーム歴は
大したことないのですが、
少なくとも、ゲーム依存にはならず、
頭の体操にはなっていると感じています。

あの、「ひふみん」こと加藤一二三さんも、
「シャドウバースしようかな~」なんて
言っているとかいないとか・・・

元天才棋士なら、
カードゲーム合っているかもしれませんね。

今後ゲームが、eスポーツとして
オリンピックの種目にもなるかもしれません。
日本は、eスポーツ後進国だそうで・・・

「ゲームばかりしているとバカになる」
と言われ続けた若者たち。
確かに、勉強や仕事が手に付かないほど
熱中してはダメだけど、
中高年がゲームの効用を知れば、
その発展の下支えにはなるのではと
プチゲーマーおばさんは思うのです。

後日談
小学校5年生の福地啓介さん(11)が、
世界オセロ選手権で優勝しました。
世界で最年少記録更新です。
また、将棋の藤井聡太さん(16)も、
新人王戦最年少記録を更新しました。
若い人たちが、こういった競技で
活躍することは喜ばしいと感じています。
ゲームは奥が深いです。






     


      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年10月8日月曜日

「赤とんぼ」ミステリー

この曲「赤とんぼ」に似てない?

作曲家「山田耕筰」(1886~1965)の代表作
童謡・唱歌の「赤とんぼ」。

誰もが知っており、
郷愁を誘うメロディーが印象的ですね。

以前にブログで山田耕筰について
若いうちは「耕作」で、
髪の毛が薄くなったころから「耕筰」に
名前を変えたことを書きました。
「竹かんむり」を「作」の頭に付けて
毛を補ったという面白エピソード。

そんなユニークな山田耕筰ではありますが、
彼の「赤とんぼ」には
ある疑惑があるのです。

それは、「何だか似ている」疑惑です。

これが世の中で噂されるようになったのは、
かの有名な小説家、吉行淳之介
随筆で取り上げたことに始まります。

吉行は、この「赤とんぼ」の
「ゆうや~けこやけ~のあかとんぼ」までの
メロディーがある曲と酷似している
と気づき、執筆したものが、
「文藝春秋」(1981年9月号)に
掲載されました。

それは、ドイツロマン派の代表的な作曲家
であり、音楽評論家であった
「ロベルト・シューマン」(1810~1856)の
「ピアノと管弦楽のための序奏と協奏的アレグロ」
の一部に流れるメロディーです。

この動画を視聴してみてください。



「ピアノと管弦楽のための序奏と協奏的アレグロ」ニ短調作品134


何だかよく似たメロディーが出てきませんか?
曲中に、18回も出てくるようです。

この曲は、作品134なので、
シューマンの死後出版された可能性があるので、
1856年以降世に出た思われます。

「赤とんぼ」は、三木露風の詩に、
1927年、山田耕筰が曲を付けました。

シューマンの曲とはおよそ70年ほど
後になりますので、
シューマンが「真似た疑惑」はありませんね。

と言いたいのですが・・・

私が考えるには、(他の人も言っていますが)
シューマン自身も、このような
東洋的なメロディー(ヨナ抜き)を
どこかから拝借した可能性もあります。

多分、ドイツかヨーロッパの古い民謡か何か
ではないかと推測するのです。
クラシックの曲には
古い民謡や国歌のメロディーを入れることが
時々あります。
シューマンは、自分の曲に暗号まで入れる
作曲家だったので、可能性は
無きにしもあらずです。

山田耕筰は1910年から3年間
ドイツに留学しています。

このことは、ミステリーを解く
鍵になるのではと思っています。

山田がドイツ留学中に、
ドイツの古い民謡か
シューマンの「序奏とアレグロ」を
ドイツのどこかで耳にし、
記憶の中に留めた可能性もあるわけです。

三木露風の「赤とんぼ」の詩を見たとき、
山田の頭の中から、
このメロディーが無意識に浮かんだのではと
思うのも外れではないかも。

しかし、作曲家が意識的に盗作することは
まずあり得ないと思います。
全くのオリジナルなメロディーが、
たまたま他の曲と似ていただけという
場合も多いのではないでしょうか。

ただ、私は、「赤とんぼ」の歌に
時々違和感を感じることがあります。

「あかとんぼ」の部分の旋律が、
日本語のイントネーションとは
違って聞こえませんか?
3番の「嫁にゆき」もそう。

詩があって曲をつける時には、
言葉のイントネーションを損なわないのが
作曲の基本ですが、
それができていない。
わざとしたとしか思えないのです。

こんなことから、
山田はどうしてもこのメロディーを
「赤とんぼ」に付けたかったのだと思います。

「赤とんぼ、似ている疑惑」
いつもついて回りますが、
その疑惑が書かれた1981年には、
もう山田耕筰は亡くなっていました。
本人に聞くことはできなかったので、
ミステリーのまま・・・
そっとしておきましょう。

歌の前半だけではなく
後半のうねるような美しいメロディー。
これこそ、山田耕筰の才能です。
やはり傑作ですね。



     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年10月4日木曜日

高齢期の生き方

生き方いろいろ高齢者

私は、20年間ほど、ボランティアで
音楽関係の活動をしているのだけど、
そこに、84歳の女性
手伝いに来てくれてます。

そのおばあちゃん、
現在もシルバー人材のお仕事をしたり、
体操教室の指導をしたり、
すごいパワフルなんです。

それも、仕事場には、
バイクを乗っていくという、
スーパーおばあちゃんです。

「危ないから気をつけて」と言ってますが、
「これしか移動手段がないから」
バイクに乗るのだそうです。

先日も、手術をしたばかりなのに、
もう動いているから大したものです。

他にも、介護の仕事をしていたり、
新聞配達をしている高齢者。

また、地域のボランティアをしたり、
学童のお手伝いをしたり、
世の中のために役に立っている
高齢者をたくさん見ます。

その反面、
先日テレビで放送していましたが、
高級老人マンションや施設で、
毎日、カラオケやマージャン、
ジム、ダンスなど
いろいろ遊び放題で、
豪華な食事がついてくる生活を
送っている高齢者もいます。

マレーシアなどの生活費が超安い国へ
移住する日本人も増えているとか。
そこそこの年金だけで、
広い家にメイドさんまで雇って、
毎日、ゴルフや食事会とか
遊び放題だそうです。

高齢期の過ごし方は
人それぞれでいいと思います。
今まで、頑張って生きてきたのですから。

でも、いろいろな
高齢者の生き方を見ていると、
体が動く限りは、
自分の楽しみだけではなく、
何か人のためになることも行う方が
ステキな気がします。

後期高齢者である75歳を超えても
お仕事やボランティアをしている
高齢者を見ると、
自分は「どんな高齢者になるのだろう」と
考える時がよくあります。

私は、あまり体が丈夫じゃないから
大したことはできないけど、
できる範囲内で何かしていたいなと
思っています。

65歳からの高齢期は「結構長い」です。
その時、どのように過ごされますか?
お金の「あるなし」も大きいけどね~





     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年9月29日土曜日

「台風」の語源

なぜ「台風」というの?

今年の日本列島の夏は猛暑と化し、
熱中症になる人も多くて大変でした。

そして・・・
台風もすさまじいのがたくさん発生し、
襲ってきています。

現在も、
日本列島を縦断するような大型台風が
近づいてきています。

大雨になる前に、
雨戸(シャッター)を閉めておきました。

ふと、「台風」という漢字について
なぜ、「大風(たいふう)」ではないのかと
素朴な疑問を持ちました。

疑問を持つことはいいことなのです!

私の考えるところによると、
英語の「typhoon」の当て字なのかなと
今まで思っていました。

そこで、
「語源由来辞典」を検索し調べてみました。

まず、「台風」の定義は、
「北太平洋の南西部に発生し、
北上して日本や東アジアなどを襲う暴風雨。
熱帯性低気圧で、最大風速が
毎秒17.2m以上に発達したものをいう。」

〇「台風」の由来
・古く日本では台風を「野分(のわき)
 と呼んでいた。(源氏物語にも出てくる)
・明治末期では「颱風(たいふう)と呼ばれ、
 →1946年以降「台風」となった。

〇「台風」の語源は諸説あるようです。
一番、そうかなあと思ったのは、
台湾や中国で、激しい風のことを
「大風(タイフーン)」と呼んでいた。
     
ヨーロッパ諸国で音写され「typhoon」となり、
     ↓
再び、台湾や中国に入り
颱風(たいふう)となった説。

また、台湾付近での大風という意味で、
中国福建省では「颱風」説。

他には、アラビア語の「tufan(グルグル回る)」
「typhoon」説。

ギリシア神話の風の神「typhon」→
「typhoon」→「颱風」説。

結局、諸説あって何だかよくわからないけれど、
「台風」は「颱風」を簡略化したものであり、
もとは「大風」や「まわるもの」等が語源で、
英語の「typhoon」とも関連している
ということのようでした。

とにかく、
近づいてきている台風で
日本列島に大きな被害が出ないよう
祈るばかりです。

追加の話
台風接近で交通機関が運休し始めているのに、
地域の広報紙がポストに入っていました。
持ち回りの組長だと思うけど、
もうすぐ嵐が来るのに、
雨の中、ポスティングするか~??
挟み込みなので、
ポストに隙間ができて、びしょびしょ。
全く急がない冊子だから、
明日、台風が去ってから
ポスティングすればいいのに、
高齢者の判断力は意味不明です(怒)







     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年9月23日日曜日

働き方改革の裏で

ネコちゃんに翻弄されて・・・

やっと夏休みが取れた娘が、
シルバーウィークの間の平日に
ネコちゃんを連れて帰ってきました。

本当は、仕事があるから休めないのに、
「働き方改革」で、
何が何でも休まなければならず(会社命令)
会社用スマホを常に持ち歩く状態で、
帰省しました。
会社のスマホ持って
電話で打ち合わせしているなら、
休暇の意味ないような気もしますが・・・

9月頭に
受けた昇進試験は、
「合格した」とのメールが
休暇中に入ったようです。

5日間滞在して帰っていきましたが、
連れてきたオス猫が
まあ、いたずらで・・・

去勢してあるのに、元気バリバリで、
夜も活動するし、
ティッシュはぐちゃぐちゃにするし、
台所で何か口に入れるし・・・
危険なものは全て隠しました。

夜もおちおち寝ていられませんでした。

娘は、普段の仕事の疲れを取るかのように
眠りこけていて、
ネコの面倒はこちらで見ていました。

可愛いけど、
慣れていないネコは警戒心も強いので、
どこかに隠れてしまうし、
なつくまでに時間がかかりますね。

慣れた頃にお帰りでした。

今日は、今朝からぐったりで、
おまけに息苦しさも出て、
朝から夜まで沈没状態。
何もできず、息苦しさが去るのを
待っていました。

帰省に、お孫さんを連れていく
ご家庭が多いですが、
嬉しい反面、高齢の親御さんは
かなり疲れるのではないでしょうか?

うちも、そのうち娘が
孫まで連れてくるようになったら、
ネコと子供でぐったりしそうです。

夕方になり、少し体調も戻ったので、
やっと自分のことができそうです。

「働き方改革」逆バージョンでした。(^^)




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年9月17日月曜日

夜のマッサージ

毎日してもらっています!

なんて書くと、誤解されそうですがww(^^;)

私は、喘息持ちで、
夜、横になると気管支が狭くなって
息苦しくてなかなか寝付けません。

寝る前にお風呂に入ると、
湯気が気管支を刺激して、
余計苦しくなってダメなのです。

結局、気管支を開く薬や
良く寝られる薬も使うことに・・・

それを見かねたパパさん(夫)が、
この1年間ほど、夜になると
気管支の裏側の背中や首すじや肩を
さすってくれるようになりました。

人の背中って、
手を当てるだけでも
リラックスや癒しの効果があり、
よく寝られるようです。

私の場合は病気なので、
気管支や首にあまり負担がかからないように、
ソフトな感じで
さすったりマッサージしてくれます。

すると、血流が良くなって
コリも取れ、眠気がきます。

テレビを見ながらしてもらっていますが、
毎日することは
本当に有難いことです。
感謝、感謝です。

結婚して何年も経つと
全く触れ合わなくなる夫婦も多いようです。
周りにもたくさんいます。

そういうご夫婦やカップルは、
まず、手始めに、
肩もみくらいから始められたら
いかがでしょうか?

お互い介護が必要な年齢になったら、
嫌でも触らなくてはいけなくなります。
それも、ヘビーな、おしもの世話が
必要になるかもしれません。

私の母は、父のオムツを
全く触りませんでした。
触ることができなかった・・・病的に。
私かヘルパーさんがトイレ介助をしていました。

そして、全く父を触ることなく、
自分が先に寝たきりになり、
在宅看護・介護をされて逝きました。
父も寝たきりの母を全く触りませんでした。
かわいそうな人たちだと思いました。

「夫が生理的に嫌い」な妻は、
将来の介護に向けて、
少しでも向き合える体制を
作っておきましょうね。

最後に、パパさん、
毎日マッサージ
ありがとうございます。
少しでも体調が良くなるよう努力します。
オムツも替えますから。(^^;)






     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年9月13日木曜日

愛車との別れ

愛車を見送りました。

我が家のセカンドカーを売りに出し、
今日、車屋さんに引き渡しました。

仕事で必要だったので、

車を2台所有していましたが、
以前ほど乗る必要がなくなったので、
11月の車検を前に、
1台を手放すことにしました。

新車で、まだ、3年も乗っていないし、

わりと人気の車種で、
シャッター付き車庫に入れてあったので、
傷もほとんどなく、
走行距離も少なめで、
かなり状態の良い車です。

ディーラーだと
あまり高く買ってくれないので、
1週間ほど前に
ネットの買取りサイトに登録してみました。

そうしたら・・・


なんと、10くらいの業者さんから
一気に問合せがあり、
結局、7つの業者の査定を受けることに
なってしまいました。

各社20~30分くらいの査定時間をかけ、

そこから、駆け引きが始まりました。

なかなか、査定金額を言わないのですね。

先に、金額を提示すれば、
後の業者が金額を上乗せする可能性が
高いからです。

どこも、会社の上に人と
電話で連絡を取りながら、
査定金額を考え込んでいました。

最初の2社は金額を明示せずに、

後で電話すると言って帰りました。

後の5社は、その場に留まり、

「せーの」で金額を書いた紙を
提示することにしました。

結局、「せーの」に参加した
買取業者さんの中から、
一番高い金額を選びました。

この時、気をつけないといけないのは、
高いからいいと思っていると、
後から、手数料やいろいろダメ出しされて、
査定額が下がることです。

なので、
提示額が「振込金額」であることを
しっかりと確認して、
売る契約をしました。

思ったより高めに売れて良かったです。

このような、数社で競わせる方法は
今までしたことがないので、
とても興味深かったです。

それにしても、

毎日、このような競争に
さらされている買い取り業者さんって
本当に大変だなぁと思いました。

めでたく売れた車と、

今日、お別れしました。

愛着があるので、引き取り前に
車をきれいにして、写真を撮り、
私流に、ピアノを弾いて、
お別れしてあげました。

すでに、買い主が決まったそうなので、
大切に乗っていただけるとうれしいです。

人生には、

出会いと別れがたくさんありますが、
人だけでなく
動物や車などの別れも寂しいものです。
他にも、大切にしたものを捨てる時は、
心が痛みます。

そういう時、
私は、ピアノを弾きます。

18年間生きた愛犬との別れの時にも、
ピアノを弾いてあげました。
ショパンの曲で、毎年命日には弾いています。

パパさんの時は、
何の曲を弾いてあげようかな。

いや、多分

私の方が先だと思います・・・

自分の葬式の時の曲を

決めておかないと・・・なんて(^^;)




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年9月10日月曜日

字幕の効果

テレビを字幕で見ています。

普通、音声を「字幕」モードにする場合は、
外国語の映画を見る時が多いのですが、
最近は、日本語のテレビドラマなどを
日本語の字幕で見ています。

というのも、
自分の左耳聴力が落ちていて、
周りに雑音や人の声がすると、
「ボソボソ」しゃべる俳優の声が
よく聞き取れないことがあるからです。

字幕メリットは、
「音量を下げても、どんなに雑音があっても
 何を言っているかよくわかる。」
「方言や難しい専門用語も、
 字を読めば理解しやすい。」

字幕デメリットは、
「画面に大きく字幕が出るから邪魔。」
「ニュースなどリアルタイム番組の字幕は
 5秒くらい遅れて字幕が出るから
 画面と合わない。」
くらいでしょうか。

最初は、字幕なしで見てみたドラマを、
録画して2回目に字幕で見てみると、
こんなに聞き取れていなかったんだ。」
「結構、聞き間違えていたんだ。」
という結果になりました。

映画でもそうですが、
1回目は結果を楽しみに見ますが、
2回目からは、伏線など
細部にわたって見ることができます。
さらに、字幕で見ると、
自分の聞き間違い、思い込みに気づき、
作者の意図が正確に読み取れるようになります。

気に入ったドラマ、映画、アニメなどは
何回も見てみると
その面白みが増しますね。

このところ
アニメ「進撃の巨人」(NHK日曜深夜)
録画して毎週見ていますが、
結構はまっています。
やはり、2回目は字幕で楽しんでいます。

若い頃、「北斗の拳」が好きだったので、
これらの何とも言えない時空を超えた
ダークファンタジーなアニメに
おばさんながら気に入って・・・
パパは、「進撃の巨人」は
何が何だかわからんらしいです。
でしょうねぇ。

スマホゲームも、
「SHADOWVERSE」という
カードゲームなんかにはまったりして・・・

結局、私は
「ヘンなおばさん」です。

はい、おしまい。(^^;)

 


     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年9月1日土曜日

引き際

高齢者運転の危険が的中

先月のブログで、
高齢者の認知力・判断力の低下起きる
危険運転について書きました。

80代の知り合いの高齢者の方が
新車を購入することにしたと聞き、
かなり不安を抱いていました。

認知力も落ちてきているので、
大丈夫かなと思っていました。

その、数日後・・・

その80代のご夫婦が運転する車が
自損事故を起こし、
怪我をして
お二人とも入院となってしまいました。

危惧していたことが
すぐに起きてしまったのです。

やはり、高齢になればなるほど、
事故の確率は高いようです。

怪我の具合は、衝突とエアバッグによる

肋骨などの骨折ですが、
1ヶ月以上経った現在も、
ご夫婦で入院中です。

高齢者は、怪我がなかなか治らず

リハビリも必要になりますので
大変ですね。

でも、この事故をきっかけに、

「免許返納」を決意されたようです。
警察にも言われたのでしょうか・・・

80代なら当たり前と思う方もいますが、
何十年も運転してきた人が
急に車が無くなる生活を選択することは
本当に辛いことなのです。

それでも、今回の事故により、
車を持たない生活を選択されたことは、
かえって良かったと思います。

まだ、重大事故に至らなかったことは、
幸いでした。
じゃなかったら、他人を巻き込んだ
人身事故や死亡事故を
引き起こしていたかもしれません。

私の父も、運転をやめさせるのに、
ディーラーの方の協力を得て、
車を取り上げてもらったくらい
大変なことでした。

自分の運転には、
ヘンな自信があるのでしょうね。

我が家では、
70歳になったら、健康でも
運転することをやめようと決めています。

運転免許自主返納すると、
さまざまな特典(割引)が得られるし、
「運転経歴証明書」を申請すれば、
身分証明書としても利用できます。
自主返納のメリットは大きいですね。

自分から身を引くことができにくい高齢者。
権力をいつまでも持ちたがる高齢者。

世の中ではいろいろな問題が起きていますね。

高齢者は「引き際」も大事だと考えています。

スーパーボランティアの尾畠さんのように、
人のために力強く動き回れる人は別として、
普通の高齢者は、
身の程をわきまえるのが
一番周りに迷惑をかけないことなのではと
感じる今日この頃です。





     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村