2019年2月16日土曜日

骨髄移植

水泳の池江璃花子選手が
先日、白血病を公表しました。

そのショックが大きく報道されました。
本当にびっくりです。

それに伴い、
骨髄バンクへの
ドナー登録が急激に増えたそうです。

18~54歳の健康な人がドナーになれます。

白血病再生不良性貧血などの血液難病に対し、
最終的治療法として、
骨髄移植が選択されることがあります。

ドナーは多くが血縁者ですが、
何万人かに1人の割合で、
白血球の型が合致する人が存在し、
ドナーの骨髄液の提供で
寛解や完治に至る可能性が出てきます。

ドナーは、全身麻酔の手術と
3泊4日の入院が必要となり、
また、家族の同意が必要なので、
直前になってキャンセルする人も
多いと聞きます。

普通の人から見たら、
確かに怖そうですから。
家族の提供に同意しないのもわかるような・・・

私は、30代半ばに、
再生不良性貧血を患いました。
骨髄で血液を造らなくなる病気です。

私の場合、高熱が続いた後、
体に紫斑(皮下出血の点々)があらわれました。

半年前の人間ドックで
血小板が減少していると
要検査の指示を受けていました。
精密検査しなかった私が悪いのですが・・・

白血病とは異なりますが、
難病に指定されていて、
白血球、赤血球、血小板すべてが激減し、
重症になると死ぬ確率も高い病気。
原因は不明です。

私は、
「再生不良性貧血」と診断され、即入院。
当時は治療法が確立していなかったので、
一時は死を覚悟しました。
「子どもがまだ小さいのに・・・」

最後は移植しかない感じでしたが、
自分の生命力が勝ったのか、
約1年間の療養で
血液の数値が良くなり、何とか寛解しました。

検査では、局所麻酔をしてから
腰や胸の骨に太い針で穴をあけ(骨髄穿針)、
そこから骨髄液を採って検査しました。

白血病のお子さんも入院していましたが、
同じように痛々しい検査を受けていました。

骨髄のドナーになると、
この検査の何倍もの骨髄液を
採りますので、全身麻酔なのでしょう。

ただ、その後多少の痛みはありますが、
元気な方なら
すぐに回復できると思います。

自分が、骨髄移植を受けるかもしれない
立場であったことから、
骨髄移植のドナー登録が
増えることを期待しています。

俳優の木下ほうかさんは、
ドナーの経験を語られていました。
提供した患者さんが治癒されたことを聞き
心から泣いたそうです。

池江選手も、
これから、化学療法などの
辛い治療が待っていると思います。

彼女のおばあさんが、
「水泳なんていい。治ってくれれば。」
と言われたとか。

おばあさんの叫びが心に沁みました。

ご回復をお祈りいたします。




     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年2月14日木曜日

バカとは・・・

とんでもないタイトルの本を買ってから
しばらく経ちます。

「バカとつき合うな」
(堀江貴文・西野亮廣共著)

どうして買う気になったかというと、
「もしあなたが自由でないならば、
その理由は、
バカと付き合っているからです。」
と、冒頭に書かれていたからです。

私は、今まで不自由を感じてきたので、
このメッセージに心惹かれました。

内容は、堀江さんと芸能人の西野亮廣さんの
「バカ論」が交互に並べてあります。

西野さんのことはよく知らないので、
以下は、堀江さんについて
書いていきます。

堀江さんは子供の頃から不自由だったそうです。
その理由は、周りがバカばっかり
だったから。

堀江さんは、
小学校での最悪な環境を脱するため、
エリート進学校の中高一貫校に入りました。
そこにいたのは、
「勉強のできるバカ」でした。

そこから脱するため、東京に出て、
東京大学に入りました。
そこにいたのは、
「とびっきり勉強ができるバカ」
ばかりだったそうです。

つまらないので、東大を中退しました。

あとで考えたら、
「進学校の連中は、小学校の同級生以上に
バカだったかもしれない。」
と述べています。

堀江さんの言う「バカ」とは、
勉強ができるできないとは
関係のない概念なのです。
既成概念にとらわれ、
人類の自由を邪魔し続けるヤツが
バカということのようです。

普通は、環境や付き合う人は選べないと
考えてしまいますが、
これも「バカの思考」なのだそうです。

また、情報を取りにいくことに消極的で、
運任せで、その結果、
想像力がない人。
これも「バカ」というのだそうです。

その、堀江さんが、
最近、「ドラゴン堀江」とか言う
変な行動を取り始めました。
「売れない芸人を東大に行かせる」
だっけ?

まだ、結果は出てないけど、
センター試験はかなり取れたようです。

まあ、これもご愛嬌で、
堀江式勉強法が間違っていなければ、
芸人でも東大に入れることを
証明したいのでしょう。

学校教育なんて
その程度の物でしかないとでも
言いたいのでしょうか?

彼の行動は
イマイチ不明な部分がありますが、
うらやましさもあります。

ネットで彼は、
「今、楽しくて、楽しくてしょうがない。
やりたいことがいっぱいで楽しい。」
と述べていました。

周りに何を言われようと、
自分が自由で楽しいのでしょうね。

私のような小市民は、
人間関係で悩んだりしますが、
彼の著書で、
「あなたが自由になるには
バカと付き合わないことです。
そして、バカにならないこと。
このふたつだけです。」
という言葉に助けられた気がします。
たとえ、自分がバカだとしても。

幼稚園や小学校の先生は、
「バカ!という子がバカなのよ。」
という叱り方をよくします。

堀江さん、
あなたが否定をする
学校教育の立場で言えば、
他人を「バカ」と言うあなたが
「バカなのです。」(笑)

しかし、彼は現在、
学校(ある意味理想的な)まで
立ち上げていますから、
公教育から何を言われようと
屁の河童でしょうね。(^^;)

結局、この本の最後は、
「みんなバカ」ということで・・・
世界を明るくするバカが「いいバカ」

「お互い、いいバカとして
世界を明るくしていきましょう。」
で締めくくられていました。




     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年2月9日土曜日

ぶちぎれる時

私は普段はおとなしい感じで、
他人に振り回されるタイプです。

それで、得も損もしてきました。
損の方が多いかも。

増えたのはストレス。
持病の喘息も、もとはといえば
このような性格が関わっているかもしれません。

そんな私が人生で何回か
ぶちぎれたことがあります。

仕事、ボランティア、親・・・

仕事の内容ではなく
主に人間関係です。

それは、
「ずるい人」に対してです。

うそつきとも違います。
暴言を吐く人でもありません。

いい人を装って、
裏でいろいろな工作をしている人。
支配欲が強いのを隠していい人ぶる。
言うことが、都合よくころころ変わる。
などなど

そういう「ずるい人」は、
にこやかに、攻撃を仕掛けてきます。

自分の都合の良いように、
言い方を変えてきたり、
味方を構築していきます。
そして、
人を思い通りに動かそうとします。

世の中に
わんさかいるのではないでしょうか?

私も、「ずるい」ことされて、
ストレスの限界を感じた時に、
その場で、その人に
正面から、ぶちぎれたこともあります。
上の人にもやっちゃったことが・・・

しかし、面白いことに、
本気でぶちぎれると
案外「ずるい人」って
シュンとなるんですよね。

痛い所を
真っ向から突かれたからでしょう。

飼い犬に咬まれる感じ?

他にも、少し異なるぶちぎれ方ですが、
私が中学生の時に、
「ずるい先生(担任)」がいました。
なので、数ヶ月その男の先生と全く
口をききませんでした。
授業中もガン無視。
この行動で、成績下げられても
いいやと思ってやりました。

なのに、通知表の結果は、
テストの点が良かったので、
良い成績がついていました。
まあ、先生も
自分の非をわかっていたのでしょう。

私も多少の「ずるい」面は
持ち合わせています。

でも、ずるさを隠していい人を装い、
他人を傷つけたり、
迷惑をかける人間には
なりたくないと思います。




     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年2月5日火曜日

犬生いろいろ



いらすとやさんからいただきました。


黒い雑種のわんちゃんがご近所にいて、
10数年経ちます。

昔から、ずっと
玄関先につながれていて、
番犬していました。

一応、小さな犬小屋もありましたが。

たま~に、お散歩してもらっていたけど、
ほとんどはお外でつながれていて・・・

暑い日も、寒い日も、
雨の日も、風の日も、雪の日も・・・

ずっとずっとつながれていました。

最近では、老犬で
目も見えなくて
耳も聞こえなくて、
ただただ、お外につながれて
地面にころがって寝ていました。

いつも
「かわいそうだな~」
通るたびに感じていましたが、
声をかけてあげることしか
できませんでした。
よその飼い犬ですからね。

最近、
そのわんちゃんの姿が見られないので
多分、亡くなったのだと思います。

私は、悲しいというよりも
ほっとしました。

厳しい寒さや酷暑の中で
つながれて動けない状態なんて
私にはとてもできません。

うちにいたワンコは、
家の中で自由に動き回り、
18年間生きて、
私の布団の中で寝て、
そのまま亡くなりました。
動物霊園のお寺でお葬式までしました。

一生、つながれて生きた犬って、
それしか知らないから、
別に不満じゃなかったのかな?
餌をもらえればそれで満足だったのかな?

捨てられて、
殺処分されるよりましなのかな?

人生いろいろ~
犬の犬生もいろいろです。

その、一生つながれていた黒いわんちゃん。

自由になって、
お空で走り回っていてほしいです。

その点、
ねこちゃんって自由でいいね。😺




     


      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年2月4日月曜日

インフルエンザ予防法

かかりつけの内科に行ってきました。

インフルエンザが流行っているので
病院なんて逆に行かない方がいいのですが、
いつもの薬をもらわないといけないので、
敵陣に乗り込むような気持で
行ってまいりました。

先生に、
「インフルエンザうつらないのですか?」
という、単純な質問をしてみました。

毎日患者さんが来るから
感染する機会も多いでしょうから。

そしたら、
「いいえ、まだかかっていません。」
という返事。

「毎回うがいでもされているのですか?」
「いいえ」

「予防接種もしたけど、患者さんごとに
消毒液で手をこすっている。」
だけだそうです。

私は風邪をひいたりすると
喘息がひどくなるので
予防法が気になりましたが、
最前線のお医者さんが、マスクと
手の消毒だけというのを聞き、
「へえ~」でした。

中には、緑茶飲んだりうがいするという
お医者さんもいるそうです。

ついでに、
「手ピカジェルがいいですよ」なんて
処方箋と関係ないアドバイスまで
いただいちゃった・・・

話は変わって、
ヘンな知り合いがいるのですが、
人生で一度も
インフルエンザにかかったことがない
というおっさんです。

彼曰く、
インフルエンザにかからない秘訣は・・・
「ブレないこと」なのだそうです。

「あったまおかしいんじゃないの?」って
感じですよね。

まあ、解釈によっては、
「ブレない」っていうことは、
「人に振り回されずストレスがたまらない」
ことにもつながるから、
免疫力が落ちずに
風邪にかかりにくくなるのかもしれません。

なるほどね~

お医者さんとヘンなおじさん、
どちらの予防法が最強でしょうか?(^^;)




     

      

2019年2月1日金曜日

「こんにちは」の不思議

今日、午後3時ごろ、
500メートルくらい先のスーパーまで歩いていたら、

途中、マンホール工事の人に、
「こんにちは」と声をかけられました。
「ご迷惑をおかけしてます。」ということかな。

少し歩くと、
犬の散歩中の知らないおばさんに、
「こんにちは」と声をかけられました。
こちらも「こんにちは」と言いました。

買い物の帰りに、
また、別の工事の人
「こんにちは」と言われました。
「お疲れさま」って返しました。

小学校のそばを歩いていたら、
見知らぬ小学生の女の子に、
「こんにちは」と言われました。
びっくりしたけど、微笑んで
「こんにちは」って返しました。

そういえば、先日も、
ゴミ収集車のおじさん
「こんにちは」って大きな声をかけられました。
普通、ゴミ収集車の職員さんって
不愛想な人が多いのにね。

寒い中、震えながら歩いていたけど、
知らない人たちから
「こんにちは」
なんて、声をかけられると、
びっくりするけど
あったかい気持ちになりました。

大都会でもなく
田舎でもなく
登山道でもなく
普通の住宅街での出来事でした。

すべて、向こうからです。
私、道を歩いている全く知らない人に
自分からすすんで挨拶はあまりしないんで。

「こんにちは」
と声をかけたくなる
何かがあったのでしょうか・・・不思議 (^^;)





     

      

2019年1月31日木曜日

ブログリニューアル

ブログを新しくしてみました。

はじめまして、すみれです。
(ママをやめました。)(^^;)

気分転換に、
今までのブログを
少し新しくしてみました。
タイトルも。

今まで、
特に母親から、振り回される人生でした。
その母も壮絶な在宅介護の末、
お星さま?になりました。

やっと・・・私は自由に。
(まだ父の介護は継続中だけど)

親や他人から振り回され、
アクセルやブレーキを無理やりかけてきた人生。

ここで、ギアをニュートラルに戻し、
自分の意志で動き出そうと思っています。


どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。(^-^)/





     

 

2019年1月30日水曜日

にほんブログ村のリニューアルで困惑

にほんブログ村のリニューアルで
記事が消えてしまった

最近、にほんブログ村が
大々的にリニューアルをしたため、
私のような記事反映機能Pingのない
ブログサイトの記事が
この1週間ほど
送信できなくなっていました。

BloggerはPingという機能がないため、
今まで、代理Pingという
ひと手間かかる記事送信をしていました。

今回の改編で、代理Pingができず
今までのデータが
消えてしまったような感じです。
in、outポイントが全く付きません。

これは、テスト記事です。

やっと代理Pingが可能になったようなので、
新しくなったブログ村に
送信できるといいのですが・・・



2019年1月19日土曜日

ときめきが無くなると・・・

「ときめき」と時間の感覚

今朝、NHKの番組「チコちゃんに叱られる」を
見ていました。

この番組は、自称5歳のチコちゃんが、
いろいろな疑問を投げかけ、
「どうして?」に答えられないゲストに、
「ボーっと生きてんじゃねーよ!」
真っ赤な怒り顔で
喝を入れるというスタイルです。

番組が始まった頃は、
NHKにしてはどぎつい言葉を使うなぁと
ちょっと引き気味でしたが、
土曜の朝ドラ流れで何気に見ていると、
だんだん面白くなってきました。

チコちゃんの声は、
キム兄こと木村祐一さん(55)で、
ボイスチェンジャーで5歳の女の子の声を
出しています。

見た目(CG)5歳の女の子なのに
話す内容はおじさんそのものという
ギャップが面白いです。

今朝は、
「どうして大人になると時間がはやく過ぎるのか」
をテーマにしていました。

答えは、
「ときめきがなくなるから」だそうです。

子供の頃は、いろいろなものに興味があり、
その面白さに夢中になれます。
面白かったこともよく覚えていて
たくさん話すことができます。

でも、19歳くらいを境にして、
だんだんときめが減っていき、
りっぱな大人になると
昨日のこと、昨年のことも思い出せなくなり、
「時間ばかりが過ぎていく」
「時の経つのは早いわぁ」
になるのだそうです。

大人になって、
いろいろなことがわかってくると、
ワクワクすることが
だんだん減っていくのでしょうね。

確かに、今でもよく思い出すのは
子供の頃や若い時のことが多いかも。

自分に当てはめても、
就職した頃から今現在まで、
本当にあっという間に過ぎた気がします。

ということは・・・

今後の高齢期も、
すごいスピードで過ぎていくのでしょうか。

まあ、高齢期は、はやく過ぎた方がいいので
あまりときめかなくてもいいのかもと
逆に思ったりしますが・・・

何歳になっても、常に
新しい冒険や恋愛をしているような人は、
人生が長く感じられ
るのでしょうね、きっと。

私も何かにときめきたい・・・と
思ったりしますが、

無理に探しているうちは
本当の「ときめき」には出会えないでしょう。

残された時間は大切に生きたいものです。





     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2019年1月17日木曜日

1月17日への想い

1月17日は自分のメモリアルでもある日

今日は、1月17日。
あの、1995年に起こった
「阪神淡路大震災」の日であります。

20年以上も経つと、
マスコミでもあまり取り上げられなく
なってきましたが、
日本人にとって、忘れられぬ日であります。

今では被災地は何事もなかったかのように

きれいな町並みになっていますが、
当時は本当にひどい状況でした。

多くの人々が亡くなったり、

被災しました。

ご近所さんのご実家が神戸で、
家が燃えてしまったと
憔悴されていた記憶があります。

震災当時、
テレビとかメディアで見聞きするだけでしたが、
実際に1年後訪れた時、まだ壊れたままの
家などがあちこちで見られ、
心が痛む思いがしました。

そんな、1月17日ですが、
私にとってもこの日はメモリアルデーです。

若い頃の話ですが、この日、
授かった2人目の子どもが
お腹の中で亡くなってしまいました。
取り出すために、
陣痛室で待たされました。
出産をする妊婦さんばかりの中で、
私は亡くなった胎児を取り出すという
悲しい処置を受けました。

生まれてくることができなかった命。

それから、1月17日には
毎年、お参りをしています。

さらに、15年ほど前でしょうか、

1月17日に肺炎を起こし入院しました。
肺がレントゲンで真っ白になっていて
かなり重症でしたが、
何とか生還することができました。

ということで、

1月17日は、私にとっても
「生きる」意味を考える日であります。

日本中の人々が
阪神大震災を思い出し、
亡くなった人々を慰霊するように、
私も祈ります。

さらに、自分の体験においても、

生まれてくることができなかった子を供養し、
また、病気について考える日として、
1月17日はメモリアルデーとなりました。

※「メモリアルデー」のもともとの意味は、
アメリカの戦没将兵追悼記念日のことで、
5月最後の月曜日。
また、南北戦争における、
南軍戦没者追悼の日のことを言うのだそうです。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2019年1月8日火曜日

おみくじの教え

初詣のおみくじ
              
いらすとやさんからいただきました。


お正月は実家の方に帰省していたので、
近くの神社に
初詣に行きました。

昨年は、母の喪中だったので
久しぶりの神社でのお参りでした。

普段は、神様仏様にそれほど関係がない
暮らしをしていても、
正月や受験などの神頼みシーズンは
何故か行く習慣がありますね。

神社の定番「おみくじ」には、
「大吉・吉・中吉・小吉・凶」が基本ですが、
「大吉・吉・中吉・小吉・半吉・末吉・
末小吉・平・凶・小凶・半凶・末凶・大凶」など、
細かく表示する神社も多いですね。 

私のおみくじは「吉」でした。
まあまあかな。

一番知りたい項目は「病」で、
「心長く保養せよ」でした。
そういうことですね。

おみくじには
表か裏かよくわかりませんが、
「神の教え」が書かれています。

いつもは読まないことが多いのですが、
今年はなかなか良いことが書いてあったので
結ばずに持ち帰りました。

「病にかかって病を苦にすれば、
病はますます悪くなる。
医療を施した上は、その平癒を
神様にお願いするがよい。
病気ばかりではない。
人力を尽くした上は、
何事も思い悩まず、神様にお祈りする。
悩む苦悩を祈願にかえる、
悩む暇にお祈りする。」
と書かれてありました。

どの神様にお祈りすればいいのか
よくわかりませんが、
要するに、
「病気でも悩みでも
力を尽くしたならば、それ以上は
くよくよ悩まず祈り、
平常心でいなさいよ。」
ってことでしょうね。

なかなかうんちくのある
おみくじの教えでした。

皆さま、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 


     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村