2019年5月17日金曜日

やっぱりかぁ。

昨日病院に行って、CTを撮りました。

昨年末に検査した時、
顔の副鼻腔の上顎洞(右側)に
何かができていて、
そこから炎症が広がって
痛みが続いていました。

その後、4ヶ月間も
抗生物質を服用しました。

2月には薬の効果で
CTの白い影が小さくなったので、
手術はしばらく様子見だと言われました。

その後、頭痛があまりにも続くので
他の科でも調べてもらいましたが、
昨日のCTで上顎洞に白い影が広がっており、
また悪くなっていました。

そして先生から・・・
薬で抑えることができていないので、
「やはり手術ですね。」
と、言われてしまいました。

すぐに手術ではなくで、
また薬を投与して炎症を小さくし、
7月に手術の予約入れられました。

喘息持ちの私ですが、
これが喘息の直接の原因
である可能性もあり、
手術は必要なのでしょう。

全身麻酔で、1週間入院。
術後がしんどい手術みたいです。

現在、やりたい仕事を進めている
ところだったので、
手術はちょっと痛いですが、
人生には越えなければいけない
試練もあるのですね。

頭痛が続いているので、
なかなかブログの更新ができていませんが、
気分のいい時だけでも
アップしますので、
温かくお見守りください。(^^)






     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年5月9日木曜日

痛ましい交通事故

昨日、大津市の交差点で、
保育園児のお散歩の列に
突っ込んだ車の事故が起きました。

この事故で、
2名の2歳児が死亡。
他も数名の園児と保育士さんが
重軽傷を負ったとのことです。

右折を焦った女性の車が
直進車と接触、
はずみで、直進した車が
保育園児の列に突っ込んだようです。

不運が重なった不幸ですね。
ご冥福をお祈りいたします。

先日は、
高齢者の車が交差点を無視し、
母娘が死亡した事故もありました。

高齢者の事故は
最近ではとても増えているようで、
免許返納が叫ばれています。

私の友人は、
薬の副作用で眠気をもよおし、
対向車線にはみ出して、
対向車のトラックに正面衝突しました。

運よく命は助かりましたが、
事故はいつ何時起こるかわかりませんね。

私は、幼稚園の時、
近所の駄菓子屋さんから飛び出した
同級生の男の子が、目の前で、
トラックに引かれるのを見ました。

運転手が車に乗せて
近所の病院に運んでいましたが、
運悪くその子は亡くなってしまいました。

4歳くらいで
目の前で死亡事故を目撃し、
その後、道路を渡るのが
怖くなってしまいました。

今でも、道路を渡るのが怖いです。

私は現在、薬を飲んでいて、
眠くなりやすいので、
運転をやめています。

「薬くらい」と思われるでしょうが、
友人も薬の影響で正面衝突しましたし、
幼稚園の頃の
PTSD(心的外傷後ストレス障害)で、
他人を引いてしまうといけない
という恐れを感じ、運転をやめました。

30年以上運転歴があると、
運転できないと結構不便です。

しかし、不便以上に
事故を起こすリスクを考えると
薬を飲まなくなるまで
運転は控えようと思います。

そうこうしているうちに、
高齢者になって
認知のおそれで
免許返納になってしまうかな・・・

とにかく、車は危険です。
安全な自動運転車が
広まるしかないでしょうか・・・

保育園のお散歩も、
交通量の多い道路は
危険かもしれません。
今後の課題ですね。





     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年5月3日金曜日

はじめまして令和

ついに「令和」の時代がやってきました。

元号が変わると
国民の気持ちも新たになるような
リフレッシュした気持ちになります。

昨日、山の方にドライブに行きました。

五月晴れの日、
山々の緑が輝いて、
空の青さとマッチして素敵でした。

観光客もほとんどいないので、
静かに景色を満喫しました。

ウグイスの声や
川のせせらぎの音が聴こえ、
草木や花々が美しく、
まさに「桃源郷」のようでした。

由緒ある神社やお寺もあり、
神社で「御朱印」をいただきました。
「令和元年5月2日」の御朱印です。

さすがに、5月1日初日は
300人も御朱印目当てに訪れたそうですが、
2日目は空いていました。

おみくじは「小吉」で、
「病は平癒する」
書かれてありました。✌

山の途中に小さなお茶屋さんがあり、
そばとお団子を食べました。
近くにコンビニも何もなく、
このお茶屋さんだけしかない空間。
まるで、江戸時代のようです。

ウグイスの美しい声と
青々とした木々の中で
素敵な時間を過ごせました。

渋滞や人混みの中で
あまり休日を過ごしたくない方なので、
こうした静かな空間で
令和を迎えられたことが
とても嬉しい気持ちです。

ランゲ作曲「花の歌」
頭に鳴り響きました。
お花畑のようなとても美しい旋律と、
途中に感動的な旋律があります。

家に帰って、
「花の歌」をピアノで弾いてみました。
子供の頃から好きだった曲。

「うん、いいねぇ。」♪

さあ、令和の時代、
元気で生きられますように。
平和でありますように。

ブログは、ぼちぼち更新していきますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。




     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年4月29日月曜日

平成も終わり気持ちを新たに

明日で平成が終わり、
5月1日に「令和」に改元します。

平成の天皇陛下がご存命での改元ですので、
おめでたい雰囲気がありますね。

よく陛下は決断されたと思います。

今朝は、NHKで
皇太子さま時代からの
天皇陛下の番組を放送していました。

天皇も、戦争・戦後をとおして
いろいろとご苦労をされてきたのですね。

今では、国民目線での親しまれる
象徴天皇になられたと思います。

美知子妃殿下とのご成婚は、
国民的大行事でした。

民間からの美智子さまは
59年前、
本当にお綺麗で品がありましたね。

こんな方と比較するのも不謹慎ですが、
実は、私の母の若い頃は、
美智子さまにかなり似ていたのです。

若い頃は「〇〇小町」とか言われ、
近所でも美人で評判だったと
周りから聞いています。
勉強もよくできたけど、
母子家庭だったので、
大学には行けなかったと不満を言っていました。

20歳で私を産んだので、
学校の父兄参観でも
私の母は若くて綺麗で目立っていました。

ただね~
綺麗ではあったけど、
性格に問題があって・・・

「自己中心」的な女でした。
自分の思うようにならないと
不機嫌になる嫌なヤツ。

私は母へ気を使って
とても良い子をしていましたが、
あまり好きではありませんでした。

その娘の私すみれは、
残念ながら母親似ではありません。
父親似でしたから。

私は若い頃からよく
「岡田奈々に似ている」
と言われました。(AKBじゃない方)
50歳になっても「似ている」って
周りから言われました。
現在、彼女は60歳のようですが、
自分で言うのもなんですが、
私も同世代でこんなかんじかなぁ・・・
髪型もセミロングで近いかも・・・
顔のつくりや体型も似ているし、
まあ、他者評価ですので
そのように想像してください。(^^;)

そんな美智子さま似の美人だった母も、
高齢者になってから
わがままがひどく品が無くなり、
貧相な老人となって
亡くなりました。

美智子さまのように
ご高齢になられても
品性を持続されているのは
本当に素晴らしいと思います。

私も、高齢者になっても
品のある女性でいたいと
思っています。

それには、
健康もですが、
心の在り方を磨くしかないと
感じています。

「令和」になって、
心を新たに、少しでも
社会に貢献できるような人になれるように
生きていきたいと思っています。




     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年4月24日水曜日

どこから取りますか?

スーパーやコンビニの
並べられた商品を
どこから取りますか?

私は、基本的には
後ろの方の消費期限が長い商品
引っ張り出して取ります。

最近は、この行為を見越して、
逆に並べられている場合もありますが・・・

先日も、スーパーに行ったら、
通路にお菓子が落ちていました。
拾って陳列棚に戻しておきました。

後ろの方から引っ張り出す時に、
前の商品が落ちるのかもしれません。

お客は、商品を手に取って
いろいろ調べますよね。
そして、買うつもりのないものは、
そのまま商品を戻します。
ほぼ、最前列に。

どこかの
おじいさんが、
ねりもの系の商品の前で、
頭をかきかき、
手に取って、見て、
また返す行為を繰り返していました。

「おじいさんの頭のエキス」
べたべたについた商品が
また並べられていきました。

それを見ていたら、
もう、前の方の商品は買いたくなく
なりました。

他人の手あかがばっちりついた商品。
落ちていたかもしれない商品・・・

気にする私は
潔癖症なのでしょうか??

でも、実際に見てしまうと
ダメですね~

それを冷蔵庫に入れたり、
口にするのはちょっと辛い。

みなさんは、どうされていますか?

ちっちゃい私の
ひとりごとでした。(^^;)




     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年4月17日水曜日

私の平成は・・・

4月上旬に撮影した
頭部のMRIの結果を
先日聞いてきました。

昨年末に見つかった
上顎洞にあった大きな白い影が、
4ヶ月間のクラリスの投与で
小さくなっていました。

これだけ薬を飲んだら
すっきり影が消えていることを
想像していたのですが、
なかなか芯は消えていませんでした。

風邪や免疫力が落ちると、
また一気に炎症が広がると思います。

とりあえず、
すぐに手術はしなくて済んだようです。

が・・・
ここ何ヶ月も頭痛が消えましぇん(泣)

痛み止めも効かないし
いろいろ試したけど消えない。
凹み状態。

春なのに~
頭が痛い~♪

数字を見ると目がちらつくので、
株の板もあまり見てません。

耳鼻科と脳神経内科の先生が
一生懸命、
治療法を考えてくれてますから、
これ以上仕方がないですね。

「心の痛みに比べたら
頭の痛みなんて大したことない!」

と言いたいところですが、
体のどこかに痛みがあると
何だか心が晴れませんね。

今日は雨。
天気が悪いと
余計痛みが増します。

私の「平成」は、
血液の病気から始まり、
呼吸器・耳鼻科・眼科疾患など
ほとんど病気との共存でした。

「令和」時代には、
私も老年期に入りますが、
もう少し元気になりたいなと
思っています。

もっと社会に貢献できる人間になってから
死にたいと
強く願う次第であります。



     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年4月9日火曜日

IQテスト

テレビで、
IQ188という24歳の男性について
放送していました。

IQ188というのは、
日本史上最高のIQ(知能指数)だそうです。

アインシュタイン並みの、いやそれ以上の
脳をもっているとかで
天才の部類に入るのだそうです。

驚きですね!

ちなみに
東大生のIQは、平均で120くらい
だそうです。
普通の人は、100前後です。

彼は、普通の家庭に育ったため、
英才教育もされなかったのに、
このIQを維持できているのは
凄いことですね。

頭が良いゆえに、
いろいろと苦労もあったようで、
現在は、どこかの国立大学に
入学されたとのことでした。
研究者を目指すと言っていました。

結構イケメンだし、
将来が楽しみですね。

という凄い人が現れたので、
私すみれも、早速
SNS上のIQテストを試してみました。

オーソドックスなよく行われている
IQテスト(無料)で、全20問。
数字の法則や、空間認知力、パズルなど
出題範囲が多岐にわたっていて、
20問解いたらヘロヘロでした。
結果は・・・
なんと、IQ142でした。
結構、高い!

もともと、こういった知能検査は
子供の頃から良い方だったので、
まあ、そうかもと思ったりして・・・

他の難しいのもいろいろ試してみました。
難問ぞろいで苦労しましたが、
これまた結果がIQ160と出ました!

まあ、こんな高い数字は
天才の域に入ってしまうので、
何かの間違いか、
多分ネットのご愛嬌だと思いますが、
頭はフル回転で、
「使ったな~」って感じです。

本物の、時間制限付きのテストだと、
多分、120くらいでしょう。
(一応、すみれおばちゃんは
博士号持ってま~す)

これからも訓練して、
認知症予防のためにも、
IQテスト頑張ろうかなと思います。

みなさんも、
ネットのIQテスト試してみてください。
簡単なのから超難問まで
いろいろありますよ。

 


     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年4月3日水曜日

新元号に想う

2019年4月1日に、
新元号が発表されました。

物々しい厳戒態勢の中、
菅官房長官から
「令和」(れいわ)
と発表されました。

ちょっとというか、かなり意外。

そのあと、安倍首相の「ウンチク」話。
初めての国書(万葉集)に
由来する元号だそうで・・・
狙っていたのでしょうね。

「令」の字は
「命令」など支配的なイメージが強いですが、
他にも、「良い」「立派な」という
意味があるようです。

まあ、ちょっとこじつけぽいですが。

SNS上では、「令和」の中に、
「アベ」という文字が隠されているなんて
面白い説を言う人もいます。

安倍首相肝いりの元号なのでしょうね。

国民の評判もまあまあのようですので
良かったとしましょう。

私的には、あまり
思ったような元号ではなかったので、
決心しました。

「次の元号まで生きよう!」

現皇太子さま(5月から天皇陛下)は
私と同世代なので、
生前退位で、25年後くらいには
元号が変わる可能性もあります。
それまで、私の寿命が持てばの話ですが。

「令和」で死ぬのではなく、
次の元号まで生き延びよう!

次の元号も気に入らないかもしれませんが、
その次までは持ちませんので、
次にかけたいと思います。(笑)

その意味では、
私にとって
生きる希望となる元号改正
でした。(^^;)

「令和」の時代が、
平和であることを
心から祈っています。






     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年3月29日金曜日

乳幼児期の重要性

私は、一応、
教育学の研究者でもあるので、
大学での研究だけではなく、
学校現場や社会教育関係の仕事も
今までいろいろしてきました。

さらに、高齢期に注目し、
社会老年学も学び、
それを体験すべく、
介護の資格まで取っています。

大学での研究、仕事もしてきたので、
大学生の実態も
そこそこわかっています。

しかし、
いろいろな年齢層を研究した私ですが、
「乳幼児」の分野が
まだ未開拓なことを実感していました。

小学生以上の教育に
重点を置き過ぎたようです。

「発達心理学」という学問があります。
生まれてから死ぬまでの
人間の加齢に伴う発達的変化を
研究する心理学的分野です。

最近、保育関係の社会問題が
かなり増えてきているので、
もう見逃せない分野だと思い、
勉強・研究を始めました。

児童福祉法で定められているところの、
歳未満の乳児期、
満1歳から小学校就学時までの幼児期、
この時期の発達について
細かく段階を追って調べたところ、

乳幼児期は、
最も人間の基礎的発達が
急激に行われる時期で、
人間の発達にとって、
一番大切な時期だとわかりました。

もちろん、子どもによって
個々に発達の速度は異なりますが。

特に、幼児期(1歳~就学時まで)は、
人間の体の機能や
基本的な生活習慣や
人間関係の基礎が出来上がる時期で、
この時期を大切にしなければ
その後の人生に
大きく影響が出ることがわかりました。

国が、2019年10月から
「幼児教育・保育無償化」を実施
するようです。

さすがに国も、
少子化対策として、
女性の社会進出のため、
また、この乳幼児期の重要性に対して
条件付きですが無償化を決めました。

これによって、
認可外の保育園や幼稚園は
経営難に陥るとの危惧もありますが・・・

現状は、
保育士の不足が問題です。

保育士なんて、子育て経験者なら
誰でもできると思われがちですが、
ちゃんとした国家資格で、専門職です。
誰でもできるものではありません。
そして重労働です。

保育士の賃金は高くないので
人材不足は否めませんが、
国は、保育士の給与の補助もすべきでしょう。

子どもたちが健やかに育つことが、
国が滅びないことにもつながります。

就学前の子どもの養護・教育が
本当に大切だということがわかり、
今後の自分の活動の指針に
していきたいと思っています。

今回は、
ちょっと真面目な内容でした。(^^)





     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年3月24日日曜日

センバツ開会式の魅力

昨日、2019年3月23日に
春の選抜高校野球大会が始まりました。

今まで、テレビで高校野球が始まると
すぐチャンネルを変えていた私ですが、
昨日は、何故だか開会式を
フルで見てしまいました。

高校野球の開会式を
マジで見たのは今回が初めてです。

というのも、
最初のファンファーレに
惹きつけられてしまったからです。
情熱が感じられるファンファーレでした。

野球と吹奏楽は
切っても切れない関係。
音楽は重要なファクターですね。

私は、高校生の時、吹奏楽部だったので、
よく野球部などの応援に
駆り出されました。

だから、ファンファーレに
強く反応したのかもしれません。

開会式では、その後、
選手の入場行進が始まり、
どこの高校も、練習したのでしょう、
軍隊みたいにちんとそろった行進でした。
高校によって、
手の振り上げ方が違っていました。

今年の入場行進の音楽は、
「世界にひとつだけの花」
「どんなときも。」でした。
この2曲がいろいろに編曲されて、
なかなか聴きごたえがありました。

2曲ともかつて選ばれているのですが、
今回は平成最後のセンバツなので、
平成を代表する歌ということで、
再度選ばれたようです。

まあ、私が選曲する側だったら、
解散したSMAPの曲や、
薬で捕まった人(槙原さん)の曲は
避けると思うのですが・・・

多分、それ以上に、
インパクトがある曲だからでしょうね。

アナウンスの女子高校生も
プロ顔負けの美声でしたし、
「君が代」独唱した女子高校生も
声楽家並みの迫力でした。

そして、
広島広陵高校主将の秋山君の
選手宣誓は、見事でした。
大声でわめくのではなく、
説得力を感じさせる
しっかりとした宣誓でした。

最後は、
神戸山手女子高校260人による
「今ありて」(大会曲)
(阿久悠作詞・谷村新司作曲)
が、清らかに歌い上げられました。
すがすがしく美しい曲でした。

こうして、この春の
選抜した高校野球大会が始まりました。

私的には、大好きな曲は、
夏の甲子園の開会式・閉会式
で歌われる曲、
「栄冠は君に輝く」
ですね!

作曲家古関裕而の
感動的なメロディには
野球ファンでなくても
心を奪われると思います。
子供の頃から大好きな曲でした。

夏の甲子園も
開会式と閉会式見てみようかな。

「試合見ろ!」って言われそう・・・




     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年3月21日木曜日

3月は早い


photoACさんからいただきました。


毎年思うのですが、
3月ってあっという間に
過ぎていくような感覚があります。

先日3月に入ったかと思っていたら、
もう21日春分です。

毎晩、ほぼ同時刻に
夜空を見上げていると、
冬の代表的な星座オリオン座
真冬に比べると
随分位置が西側に移動しています。

3月は、
冬から春への移行期であり、
気候の変動が大きくて、
花粉も飛ぶし、
体調を崩しやすい時期です。

また、
卒業や転勤など、節目の時期であり、

3月は別れの季節でもあります。

昨日、あちこちで開花宣言が出ました。
もうすぐ桜が満開になります。
慌ただしい中で、
桜が咲き散っていきます。

3月は、一年中で4月と並んで
激動の月だと思います。

反対に、
4月は何故だかすごく長く感じます。
年度始まりの月というのは
長く感じるのでしょうか・・・

先日、庭の木にウグイスが来て、
きれいな鳴き声を響かせていました。

「春がきたね。」

頭の中をこの歌が鳴り響きました。

「どこかで春が」
(作曲:草川信、作詞:百田宗治)
 大正12年発表

 どこかで春が生まれてる
 どこかで水が流れ出す
 どこかでひばりが啼いている

 どこかで芽の出る音がする
 山の三月 こち(東風)吹いて
 どこかで春が生まれてる





     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年3月14日木曜日

間違いに気づけるか

医師から喘息日誌というのを
付けるように冊子を渡されています。

毎日数回、呼吸の機能検査である
ピークフローっていうのを計って
それを記録してグラフにします。
このグラフを見れば、
気管支の状態がよくわかりますので。

わりと面倒な作業ですが、
私はきちんと作成して病院に提出するので、
医師からの信頼も厚いです。
いずれは、手書きではなく
アプリにしてくれることを
病院に希望していますが・・・

こういう統計ものは
私が得意とする分野なので
普通にこなしていました。

昨日も、線を引いていて、
安全はグリーンゾーン
注意はイエローゾーン
危険はレッドゾーン
で色分けする作業をしていました。

それを後で見直してみると、
数ページだけ
ゾーンの線が少しずつずれていることに
気がつきました。

「こんな単純なミスをしてたんだ」
って思いました。

今までミスをしたことがないのに
こんな初歩的ミスをするなんて・・・

やはり、年齢には
勝てなくなっているのかもしれません。
目が悪くなったり、
注意力が散漫になったり・・・

今回は、気づいたからいいのですが、
自分にヘンな自信があると
そのままになってしまいます。

「間違えるはずがない」

自分を過信しすぎると、
間違いを見逃してしまいます。

そして、いつしか
老害へと進みます。

私の母は、死ぬまで
「自分が正しい」と思い込んでいました。
母は、若い頃から
自己愛の強い傾向がありました。
なので、娘である私は
とても苦労してきました。

自己愛が強い高齢者は多いです。

過去の自分と
現在の自分との格差。

それに気がつかないと
いつまでも
「自分は正しい。偉い。」と思い込み
周りに迷惑をかけてしまいます。

間違うことは仕方がありませんが、
間違いを認めることが
非常に大切なことだと思います。

超高齢社会にはびこる老害。
「オイル(老いる)ショック」(みうらじゅん曰く)
今後ますます増長していくでしょう。

認知症予防として、
「間違いに気づき、修正していく癖を
つけておかなければ。」
と、些細な作業のミスから
感じる私なのでした。




     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年3月8日金曜日

固定電話の是非

いわゆる「家電(いえでん)」
といわれる固定電話に
まともな電話がかかってこなくなっています。

不用品買い取り
リフォーム
投資
健康食品
宗教・・・などの勧誘

まともな電話は、
ほとんどが携帯にかかってくるので、
このような商売や怪しい電話が
かなりの割合になっています。

実家の固定電話は
私の携帯に転送していますが、
未だに母に出版勧誘が来ます。
「ほめほめ詐欺」で凄い金額の
俳句の自費出版をした過去があり、
リストに載っているのか
いろいろな出版社からかかってきます。

「母は亡くなっています。」
何度言っても、また、かかってきます。
私が嘘をついていると思うのか、
母が電話口に出るのを
待っているようです。

今のところ、
私の声が若く聴こえるのか、
「オレオレ詐欺」はありませんが、
最近では、「アポ電詐欺や強盗」
メディアで放送されており、
うっかり家にお金があるようなことを
伝えてしまうとまずいですね。

結局、固定電話って何なんでしょうね。
外してしまうと
信用にかかわると言われていますが・・・

まともな電話は
ほとんどかかってこないし、
ディスプレイで相手の電話番号もわかるので、
怪しい電話はスルーしています。
留守電にしたり。

でも、逆に、家電に出ないと、
留守であると思われて
空き巣被害に合う危険性もありますよね。

今でも、FAXを希望する人がいるので、
時に固定電話も必要なのですが、
犯罪の温床になる危険があるので、
困ったものだと思っています。

若い人たちは、
固定電話をひく割合が
相当少なくなっているようです。

固定電話=信用
いつまで続くのでしょうか・・・





     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年3月4日月曜日

頭痛が頻発

素材大好き.comさんからいただきました。

この2週間くらい
毎日頭痛が起こっていて、
なかなか治まりません。

片頭痛か緊張性頭痛かそれ以外か・・・

副鼻腔上顎洞の病気もあるから
それが原因かも。
4月のMRI検査次第では手術だと
言われています。

他には、
ストレートネックによるものか。
レントゲンで見ると、私、
立派なストレートネックです。

気温の変化など季節的なものか。

はっきりわからないけど、
「頭が痛い」

救急に駆け込むほどの
痛みではないのですが。

私が飲める鎮痛薬は、
アセトアミノフェン(カロナール)のみ
他の鎮痛薬や貼り薬は
喘息の関係上
医師から禁止されているんです。

でも、このカロナールが
あまり効かないんです~

もう2週間痛い。

何十年も頭痛持ちだから、
痛みには慣れているけど、
今回は長いな。

お風呂に入っても、
マッサージしても、
ストレッチやっても、
動いても、
逆に冷やしても、
じっとしていても
何してもダメ。

もう、医者にも行きません。
原因がいろいろなので、
以前、神経内科に通ったけど
結局わからずじまいでした。

気候が安定すれば
多分治ると思うので、
じ~っと我慢します。

それでも治らなければ、
上顎洞にできているものが原因で、
手術かもです。

痛いのってホントたまりません。(>_<)




     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

2019年2月28日木曜日

ひな飾りはどちら目線?

GAHAGさんからいただきました。

この時期になると、
女の子のいる家の多くは
ひな人形を飾ります。

私も、先日頑張って飾りました。

何回飾っても、
毎年、左右が分からなくなります。

男雛(おびな)と女雛(めびな)
右大臣と左大臣
右近の橘と左近の桜・・・

要するに、
右と左は
どちらから見たものなの?
っていうことです。

答えは、
見てる人からではなく、
「人形目線から」ということです。

向かって左が右大臣(若い方)
向かって右が左大臣(髭のじいさん)

だから、混乱するわけです。

童謡「うれしいひなまつり」の歌詞に、
「赤いお顔の右大臣」
ってあるじゃないですか。
白酒を飲んだ赤い顔は
じいさんの左大臣です。

どうも、
作詞家のサトウハチロー氏が、
左大臣を
向かって右側と勘違いしたらしいく、
「右大臣」としてしまったと
言われています。

正しくは、
「赤いお顔の左大臣」です。

歌詞の
「おだいりさまとおひなさま
 ふたりならんですまし顔」
間違いだそうで・・・
正しくは、
男雛と女雛であり、
ふたり一対で「内裏雛」(だいりびな)
と言うそうです。
おひな様とは、
ひな人形全部のことを指します。
国民のほとんどが、
「おだいりさまとおひなさま」って
信じていますよね?×

男雛と女雛の並べ方は、
古式の京都・関西方面では
向かって左は女雛。

昭和初期辺りから、
(多分、昭和天皇のご成婚の並びが
京都式とは反対だったことから)
関東や地方が主流の並べ方は、
向かって左が男雛。
だそうです。(上記イラスト)

とにかく、
ひな人形は、
人形目線で左右が決まっている
と覚えればいいわけです。

まあ、どちらでも
人形は文句を言いませんが。(笑)


 


     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング