2018年7月5日木曜日

人間関係

人は何人いても悩みは尽きない?

どこかのお坊さんの言葉らしいけど、

 一人でいたら 孤独感
 二人でいたら 劣等感
 三人でいたら 疎外感

っていうのをネットで見ました。

そだねー、確かに。

人間は何人でいても
悩みは尽きないのかもしれません。

アドラー心理学では、
「人間の悩みはすべて対人関係の悩みである」
と言っています。

私は、「すべて」とは思わないけど
確かに、人間関係が絡む悩みは
いつの時代も多いと思います。

お金がなかったり、
病気だったりという悩みにも、
対人関係が大きく絡む場合もあるでしょう。

アドラー曰くですが、
人間関係の悩みを消す方法は、

・嫌われる勇気を持つ
・相手に見返りを求めない
・相手をほめない
・相手と適切な距離をとる
・「いま、ここ」を全力で生きる

だそうです。

「相手をほめない」っておかしくない?

アドラー心理学では、
「ほめる」ことは一見良いことのように思いますが、
実は、相手に対して
上から目線で評価を下す行為なのだそうです。
そして、ほめられないと
「やらない」「動かない」人になる可能性や、
「ほめられる」ことが目標になってしまう・・・

アドラーは、
「ほめる」代わりに「勇気づけ」という
言葉を使っています。

勇気づけ」とは、
その人が自分らしく生きて行けるような
関わり方です。

「今回のサポート、とても助かりました。」
「〇〇さんの夢がかなって本当に嬉しい。」

このような言葉を心から発することが
人間関係の潤滑油になるのだそうです。

また、
「いま、ここ」を全力で生きている人は
人間関係で悩む余裕もなく、
不要な感情を抱かずにすむ
ということだそうです。
確かに、そうでしょうね。

アドラー心理学は、
すべて受け容れられるものではありませんが、
人間関係で悩みを抱えないようにする
参考にはなると思います。

最初のお坊さんの言葉に対し、
ネット上で素敵なことばを見つけました。

 一人でいたら 充実感
 二人でいたら 安心感
 三人でいたら 連帯感

どなたのお言葉かわかりませんが、
人間関係を前向きに考えられる
良い言葉だと思います。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

6 件のコメント:

自由人 さんのコメント...

 一人でいたら 充実感
 二人でいたら 安心感
 三人でいたら 連帯感

・・・これいいですね(笑)

充実感に満ちた人生を生きるのが第一歩ということですね。
次が互いに助け合ってともに生きる安心感。たとえば結婚生活か?

人類みな兄弟・・・こんな言葉聞いたことある。
世界平和の願いやナショナリズムが連帯感に繋がっていくのでしょうか。

mama sumire さんのコメント...

自由人さん

冒頭のお坊さんの言葉より
最後のこの言葉の方が前向きでいいですよね。

人間関係は、なかなか難しいものです。

Ziplocビアンコ さんのコメント...

はじめてのコメントです。
以前から社会学的な鋭い視点と
ユーモアある考察に惹かれていましたm(_ _)m

>「勇気づけ」とは、
その人が自分らしく生きて行けるような
関わり方です。

自分らしく生きることこそが幸せに生きること。
人間関係でのこの点においての互いに理解できればオッケイ!

「褒められて」喜んでるようでは
だめですね。 上から目線で支配され「褒め殺し」される、なんて(笑)


勇気づけることは相手を認めて、対等に接すること。自立した人間には
下手なアドバイス、指導は不要、思ったこととやりたい事を応援し続ける
この勇気づけ(まさに勇気を与えること)がいい人間関係の根源かと思います。

特に親としての責任として、勝手にこの世に生み出してしまった子供には、
この姿勢で接して行こうかな…




神田ももたろう さんのコメント...

お坊さんの言葉とネットの言葉。
対比がとても興味深いです。

結局はどう捉えるかだと思うんですよね。

人間関係を前向きに捉えることができたなら、
どんな環境でも頑張っていけるはず。
人生楽しいことばかりではありませんが、
模索して、楽しく生きたいものです^^

mama sumire さんのコメント...

Ziplocビアンコさん

はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。

私は、教育学と社会学の研究者でありますが、
自分のブログではあまりそういう雰囲気を出さないようにしています。

普通の感覚を大事にしたいと思っていますが、
どこかで出てしまうかもしれませんね。(^^;)

私の母は、「ほめられる」ことが最終目標のような人でした。
私を駒に使っていい気分になっていましたから。
そのおかげで、私は心を病みました。
いつか、ブログに書こうと思っています。

人を勇気づけ、自分も勇気づけられる
そんな人間関係が理想ですね。



mama sumire さんのコメント...

神田ももたろうさん

そう、ものごとはどう捉えるかで
全く異なるものになりますね。

悲観的に考えるか、前向きに考えるか。

どうせなら、前向きに考えた方が幸せかもしれません。