2019年2月9日土曜日

ぶちぎれる時

私は普段はおとなしい感じで、
他人に振り回されるタイプです。

それで、得も損もしてきました。
損の方が多いかも。

増えたのはストレス。
持病の喘息も、もとはといえば
このような性格が関わっているかもしれません。

そんな私が人生で何回か
ぶちぎれたことがあります。

仕事、ボランティア、親・・・

仕事の内容ではなく
主に人間関係です。

それは、
「ずるい人」に対してです。

うそつきとも違います。
暴言を吐く人でもありません。

いい人を装って、
裏でいろいろな工作をしている人。
支配欲が強いのを隠していい人ぶる。
言うことが、都合よくころころ変わる。
などなど

そういう「ずるい人」は、
にこやかに、攻撃を仕掛けてきます。

自分の都合の良いように、
言い方を変えてきたり、
味方を構築していきます。
そして、
人を思い通りに動かそうとします。

世の中に
わんさかいるのではないでしょうか?

私も、「ずるい」ことされて、
ストレスの限界を感じた時に、
その場で、その人に
正面から、ぶちぎれたこともあります。
上の人にもやっちゃったことが・・・

しかし、面白いことに、
本気でぶちぎれると
案外「ずるい人」って
シュンとなるんですよね。

痛い所を
真っ向から突かれたからでしょう。

飼い犬に咬まれる感じ?

他にも、少し異なるぶちぎれ方ですが、
私が中学生の時に、
「ずるい先生(担任)」がいました。
なので、数ヶ月その男の先生と全く
口をききませんでした。
授業中もガン無視。
この行動で、成績下げられても
いいやと思ってやりました。

なのに、通知表の結果は、
テストの点が良かったので、
良い成績がついていました。
まあ、先生も
自分の非をわかっていたのでしょう。

私も多少の「ずるい」面は
持ち合わせています。

でも、ずるさを隠していい人を装い、
他人を傷つけたり、
迷惑をかける人間には
なりたくないと思います。




     

      
       にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ      
      にほんブログ村  

      
      日々の出来事ランキング 

4 件のコメント:

ぽんぽ さんのコメント...

まるで、自分の気持ちが書いてあるような文章でした。

自分も、ずるい人間に漬け込まれて、挙句の果てに、キレたり、絶縁した事があります。

自分の性格が、そのような人間からすれば、呼び水になっていたんだと思います。

自分も、そういう人間にはなりたくないですね。

mama sumire さんのコメント...

ぽんぽさん

ぽんぽさんも、人間関係で苦労されてきたのですね。

>自分の性格が、そのような人間からすれば、呼び水になっていたんだと思います。

そうですね。
多分、真面目で正直者の人間がターゲットになると思います。
つけ込まれやすいというか。
ずるい人は、少し、弱い所がある人を、上手く持ち上げながら思うように使おうとします。

そんな弱そうな人間が本気で切れたら、相手はビビりますよ。

ずるい人とは、必要なこと以外付き合わないようにしたいです。



神田ももたろう さんのコメント...

フレネミー(「friend」と「enemy」の合わさった造語)って
言葉あるくらいですしね~

日本という国の性質上、基本的には
和を大切にしないといけない。でも、人間の
本質はそうじゃない。だからこそ、
そういう陰湿なずるい人間が出てくるのだと
思います。

男は敷居を跨げば七人の敵あり、とはよく言います。
私ももっと強くありたいなっていつも思ってます(^_^;)

mama sumire さんのコメント...

神田ももたろうさん

フレネミーって実感湧きますね。
周りにいっぱいいる・・・
ストレートにものを言えない日本人の国民性ってあまり好きでないです。

男には七人の敵がいるのか~。
女には、一見仲がいいけけど、わけのわからない敵がいっぱいいます。